ほ。帆座  有川知津子


 以前、一文字星座〈ほ〉〈ろ〉〈や〉のうち、〈や〉の矢座のことを書いた。

 今日は、〈ほ〉の帆座である。


 なぜというに、この星座が、日本で観測できる時期にかかったという噂を聞いたから。宇宙情報センターによると、2月~5月の約か月間ということであった。期間限定星座なのである。


 星座早見盤で確かめてみよう。



f0371014_15051499.jpg



たしかに南の地平線上すれすれに位置する。右側にただよっている白っぽいのは天の川。


 ところでこの帆座、もとアルゴ座と呼ばれていたものの一部である。


 アルゴ座といえば、イアソンのアルゴー船。その昔、金の羊の皮を求めてコルキスへ向かった巨船である。五十余人の冒険者たちが乗船したという。オルフェウスの竪琴が、セイレーンの歌声から仲間を守ったというエピソードもこの航海中の出来事であった。


 やがてアルゴ-船は、星に物語を読む人々によって、天に係留されることとなる。


 ああ、しかし、この船は大きすぎたのだ。その後、四つの部分に分けるのがよかろう、ということになり、分けられてしまった。


  「アルゴ」「ほ」+「らしんばん」+「とも」+「りゅうこつ」


 で、あるから、上掲の星座盤にも「アルゴ」の名は見えない。右のすみっこに「りゅ」、と見えているのが、りゅうこつ座である。


 つまり帆座の帆は、アルゴー船の帆であった



  銀漢にアルゴー船を舫ひたるひとをおもへば春のあけぼの



# by minaminouozafk | 2019-02-06 05:58 | Comments(7)

春単衣   藤野早苗

 節分に降った暖かい雨は、暖かな立春を連れてきた。日差しが明るい。今年は春の訪れが早いのかもしれない。


 以前、「どうしても着たい」という記事を書いた(以下、ご参照下さい)。

https://minaminouo.exblog.jp/30053527/

ネットオークションで落札した裂け、擦れ、染み、汚れのある紅花(風)紬をどうしても着たくて、和裁教室で仕立て直すことにした。


 もともとは袷だったが、胴裏、八掛ともに傷んでいたので、単衣にしよう。解いて、洗い、地直しして、傷みの状態を確認する。擦れは裾に、裂けは袖付け部分に、染み・汚れは点在しているが中でも一番目立つ上前の膝下あたりに多い。これはパーツを入れ替えなければどうしようもない……、ということで、S先生のお力を借りて布のやりくり。傷みの激しい袖に関しては、新たな袖を身頃から切り出し、元々の袖を身頃に千鳥絎けで縫い付けたのは「チドる」に書いた通りである(以下ご参照下さい)。

https://minaminouo.exblog.jp/30094126/

 他にも着用時に目立つ上前の染みも下前にもってきて見えないようにしたり、擦れてしまった裾も思い切って切り取ってしまったり。こんなくりまわしをしてパーツを揃え、あとはひたすら縫ってゆく。波縫い、絎け縫い……、運針は無心になれるのがいい。そうして三カ月、単衣の紬が縫い上がった。春に間に合ったのがとても嬉しい。

f0371014_02194238.jpg
f0371014_02195167.jpg
f0371014_02190857.jpg

置きコーデ。
こんな感じで着てみよう。


 生来不器用な私。細かなことを言えばまずいところは数え切れないほどある。でもそれを指摘する前に、「あらー、よく頑張ったわね。着物が一着、生き返ったわよ。素晴らしいわね。」とおっしゃって下さったS先生はまさに師匠の鑑。S先生、優しいお言葉、ありがとうございます。


 本来の着物歳時記に則とるなら、単衣は六月からの着用となる。けれど近年の温暖化傾向で、その決め事はずいぶん緩やかになった。暖かな日差しが気持ちいい、そんな日が訪れたらこの着物を着よう。装いのルールは自分で決めればいいのだ、きっと。

     


幾重にも絹をまとひてあした咲く蕾のやうなわたしとなれり


f0371014_02201290.jpg

春はもうすぐ。



# by minaminouozafk | 2019-02-05 02:22 | Comments(7)


一か月ちょっとまえになるだろうか。

珈琲好きの父と立ち寄った喫茶店。

ちょうどお昼時でカウンターしか空いていなかった。とりとめもなく父と話していると父の隣の男性がなんとなく会話に参加。おだやかな語り口で常連さんみたいだ。懐かしい雰囲気のお店だが開店からまだ一年経っていない。父母のマンションのすぐ近くで気になっていたが、まだ三度目。


f0371014_09231425.jpg


映画や本にも詳しい彼。もともと下関人らしい。なかなかランチが来ないので、いろいろ地元の話などするうちに「シネマ・クロールって知っていますか?」と聞かれた。シネマが付くから映画関係?と思うが聞いたことない。「20席ほどの小さい映画小屋です。ひと月に11週間だけ上映します。」なんだかわくわくしてきた。「1月は19日からです。」とパンフレットをいただいた。


f0371014_09224958.jpg


正月気分も終わりパンフレットを読むと、タイトルは「黙ってピアノを弾いてくれ」。 〈狂気〉の天才音楽家、チリー・ゴンザレスの破天荒で感動的な魅力に迫る傑作ドキュメンタリー とある。場所も下関駅と唐戸の間。ひとりでもと思ったが友人を誘うとすぐにOKしてくれた。


f0371014_09225659.jpg



ビルの前で待ち合わせ。レトロで優しい雰囲気のビル。一階は、むぎまめ舎という可愛いカフェ、二階はお洒落な雑貨屋さん。その奥に月一回の小さな本屋とカフェ。映画の週に福岡の西戸崎からの出張販売。雑貨屋さんも本屋さんもステキなかたで映画のまえからテンションアップ。詩集や短歌ムックねむらない樹もある。時間がないけどなにか買いたい・・・

おすすめの一冊を購入。



f0371014_09231055.jpg


狭い階段を上がって三階に。教室ほどのスペースにゆったりとした椅子、ソファーもある。十人程がすでに座っている。ひざ掛けまでお借りした。映画はもちろんGood。パンフレットでちょっとまえに出会ったチリー・ゴンザレス。そういえばiPadCMは憶えている。後半のしっとりとしたSolo Pianoも沁みる。ついついCDまで買ってしまった。




f0371014_09231998.jpg



下関にこんなにステキな空間があるなんて知らなかった。下関もがんばってる。ぼのぼのうれしい。そして、あたりまえかもしれないがみんな私より若い。まだまだがんばろうって元気になれた一日でした。また行きます。


f0371014_09230534.jpg



佳きことば佳きメロディでふくふくの身体に入れる冷えた葡萄酒








# by minaminouozafk | 2019-02-04 06:57 | Comments(7)

さつき松原 大西晶子


1月なかばのある晴れた午後、気持ちが良かったので市内の小ドライブに出かけた。道の駅で買い物をした後、思い立って海沿いの〈さつき松原〉の中の細い道を通ることにする。これまでも何度も通ったことがある道だ。一度ゆっくり林の中を歩いてみたいと思いながら、まだ果たしていなかった。

この数年で整備が進み、駐車場や、休憩用の東屋までできている。
 新しい駐車場に車を停め、松林の中の小道を行くと海岸線に沿って長い木の塀が建っている。結構高い塀で、松林からは海が見えないが、出入り口が開いている。

f0371014_22543224.jpg



f0371014_22540914.jpg


 外に出ると護岸工事がされていて、海岸よりの方には若い松が植林されている。

市役所や道の駅などでは「海で不審者を見かけたら118番に通報を」という意味のポスターを見かける。以前には確かに不法入国者の話をよく聞いたことがあったが、今もそうなのだろうか。

冬なのに晴天のもと、海はやわらかい緑を帯びた明るい青で、どこにも犯罪や危険をおもわせることなく広がっていた。

f0371014_22542355.jpg

 大島や地島、鐘崎漁港などがくっきり見える。10月のみあれ祭のときにはこの海岸のすぐ近くまでお座船を中心に大漁旗を掲げた100艘以上の漁船団が寄せて来る。また、ときにはこのさつき松原海岸にウミガメが産卵にくることもあるようだ。



福岡市から北九州市にかけて玄界灘は長い砂浜が多い。福津市と宗像市~芦屋町までは福間海岸、勝浦海岸、さつき松原、三里松原と続き、それぞれに長く細い松林がある。
 林野庁の選んだ〈 日本の白砂青松 100選 〉にはこの中のさつき松原と三里松原が入っている。以前に比べるとマツクイムシに荒らされ松が少なくなっているようだが、植林などの手入れもされているし、市民のボランティアの手で海岸の清掃もされている。いつまでもこの美しい海岸と松林が残ってほしい。

このひろい海に結ばれへだてられ近くて遠い隣国とふ国




# by minaminouozafk | 2019-02-02 20:50 | Comments(6)

家内安全  栗山由利

雪まじりの小雨が降る先週の土曜日に、櫛田神社に家内安全の祈願のため出かけた。


博多の人は櫛田神社のことを親しみをこめて「お櫛田さん」と呼ぶ。

誰に言われたわけでもないし、何かあったわけでもないのだが、年の始めの恒例となってかれこれ二十五年はたつ。


f0371014_10125208.jpg

天候のせいもあってか参拝客は少なく、私たちだけでお祓いをしていただいた。

拝殿の中の空気は凛としていて、透明感のようなものさえ感じるのは気のせいばかりではないだろう。


家内安全って、自分たちの平穏無事だけで良いのかと言われれば、それまでだが。


帰りはいつものように「かろのうろん」に寄って、うどんをいただく。小さなテーブルに家族四人で座っていたころが懐かしい。

うどんの繫盛店で明太子そばを注文した弟に「ここに来てそげなもん食うな!」と言った兄。「食べたいもん頼んでなんで悪いと?」と応えた弟。


時を経るごとに何のことはない一場面が、より鮮明になってくる。


小さな平和を握りつぶすような世界にはならないことを願うばかりだ。


f0371014_10124281.jpg

   冷えた手につたはるうどんのどんぶりの温さがちやうどのしあはせサイズ


# by minaminouozafk | 2019-02-02 10:46 | Comments(6)

 

 からっからの1月も最後にようやく恵みの雨が降り、今日から早くも2月。
 目まぐるしく寒暖差が激しかった1月の象徴のように、先週の金曜日の春のような陽気から一転して土曜日は雷と雪。降り出したと思ったら、あっという間に街は白く染まるが、止むとすぐに溶ける。夜中までその繰り返しで翌日曜日は跡形もなく晴天。

f0371014_07085910.jpg

 例年は3月頃に開花するわが家の前の川べりのカタバミ。今年は1月中旬から咲いていたが(写真は雪が降る前)可哀相に雪の翌日は葉も花も縮こまったままだった。きっと、びっくりしたのね。

 この日は、柳川歌会。大牟田線の車窓からの季節感のある風景が毎回楽しみ。福岡市がお世話になっている筑後川の豊かな水量を確かめ、安堵しつつ心の中でお礼を言った。

 急行が柳川に近づくと、なんと瓦屋根や畑や土手には雪がーー
快晴の中の雪景色、何だか得した気分。

 柳川駅の構内には、どーんと大きなお雛様がさげもんと共にお出迎え。あぁ、ここはひと足早い春。
f0371014_07093185.jpg

 柳川では、1月のさげもんコンテストに始まり、4月3日の流し雛まで、雛祭りとさげもんであふれる。

 白秋生家で行われていた柳川歌会は、駅に程近い公民館に変わり、便利にはなったが沖端の賑いや風情は感じることが出来なくなり少し残念。
 
 もう少し暖かくなったら、もう一度巡ってみたい。

       雪解けのひかりのなかに飛びたたん雛のまとふ唐衣(からぎぬ)の鶴



# by minaminouozafk | 2019-02-01 07:13 | Comments(5)


年末に息子からもらった目のマッサージ器。すっかり気に入って眠る前のひとときに愛用している。いくつかのパターンがあるということなので、どんなものかと付属の取扱説明書をひらいてみた。

最初はふつうのトリセツのようだった。けれど、読み進むにつれて、定番の(固い)言い回しにたどたどしい日本語が混じってきて、なんだか微笑ましい。

たとえば、

「お問い合わせの際には、製品名とご注文番号をご付属してください。」

「柔らかな上等の布を使って、肌にいい生地でいい感じをします。」

などなど


自動翻訳かとも思ったけれど、この微妙さは、外国の方が一所懸命訳している感じ。助詞が一字違うだけで違和感の生まれる日本語。改めて難しいなと思いながら、当初の目的を忘れて読みふけってしまった。


すると、

「ケーブルを抜けた後、何も点灯しません。ご注意くださいね。」

「コンピュータを接続して充電してくださいね。」


あああ。


「ね」が一字付くだけで、このやさしさ、丁寧さ。思わず、はい、わかりました。と答えたくなる。定番の言い回しだったら、意味を受け取るだけなのに、たどたどしさゆえに取扱説明書に愛おしさのようなものを感じて、頭をひねりながら訳しているだろう異国の人(と勝手に思っている)にあれこれ思いを巡らせてしまった。


実はこのマッサージ器、スイッチを入れると英語で語りかけてくれ、マッサージが終わると
see youと挨拶して切れるのだ。耳元で語りかける器械とたどたどしいことばで書かれた説明書。作った方は意図してないだろうけれど人間味を感じるマッサージ器にますます愛着を感じてしまった。


たどたどしいことばで愛を告げたなら君は応へてくれただろうか

f0371014_00391009.jpg








# by minaminouozafk | 2019-01-31 06:00 | Comments(7)