カテゴリ:未分類( 714 )


f0371014_01355764.jpg
今年3月に不登校当事者及びその家族を支援するボランティアグループ「咲くふぁ福岡」を友人とともに3人で立ち上げた。ビギナーズラックというべきか、ひょんなことから、前文科省事務次官前川喜平氏とご縁が繋がり、12月8日には、前川氏をお迎えして不登校に関する講演会を開催する運びとなったことには私たち自身が驚いている。

f0371014_01355187.jpg

この場をお借りして告知させていただき、申し訳ありません。
もしも、ご来場いただけるなら大変うれしいです。
チケット、残りわずかとなりましたので、
お知らせいたしました次第です。


この活動に関わるにあたってはもう、わからないことだらけ。けれど、じっとしていても埒が開かない。数少ない伝手を辿って、手さぐりで動き始めた私たちだったが、親身になって下さる方々との出会いに支えられ、現在に至っている。本当にありがたいことである。私たちの活動にご尽力下さっても、何の得にもならない。物質的に還元できるものは何一つないのである。それでもみなさん、自分にできることがあれば……とお申し出くださる。清々しいお人柄に頭が下がる。



思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。



マザー・テレサの名言である(とされているが、出典は実は不明。ブッダとか、ガンジーとか、エマーソンとか、諸説あり。ただ、マザー・テレサも引用はしているらしい)。不登校問題を考える活動を通じて知り合った方々はこの5つの「気をつけなさい」をごく自然に実践できているのだろうと思う。


思考→言葉→行動→習慣→性格→運命


この図式を信じるなら、新しい思考は新しい運命を導くことになる。今年の新たな出会いが、私の新しい運命を決めるのだろうか。そう思うとますますワクワクが止まらない。



  言の葉のタネを蒔くべしかなしみに耕されたる胸の沃土に


f0371014_01354023.jpg

もう一つ、告知です。すみません。
10月20日19時30分から、咲くふぁ福岡、講演をさせていただきます。
その日は県の短歌大会でもありますね。
われらが英子さんが理事として運営に携わっています。
私は短歌大会に参加してのち、講演会に向かいます。
ダブルヘッダー。
お時間の許すみなさま、短歌大会終了後、ぜひ講演会にもいらして下さい。
お待ち申し上げております。

f0371014_08160674.jpeg
MAZEKOZEセミナーに
ご来場下さったみなさまには、
ハート型の風船葛の種をプレゼント。
「しあわせの種」です。




[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-16 01:49 | Comments(1)

 

秋桜を見に行こうと誘われて秋晴れの朝、リフレッシュパーク豊浦にでかけた。瓦そばで有名な川棚温泉にある。

ひさしぶりで駐車場もおぼろな記憶である。ようやくエントランスで懐かしさがこみ上げてきた。そこから遊具広場に一直線だったむかし。


今日は子育て卒業の友人とふたり。のんびりと巡る。入り口の左手に網で囲まれた小屋が見える。


f0371014_14240959.jpg




近づくと蝶の庭・アサギマダラの説明・・・早速なかに入るとアサギマダラがいっぱい飛び交っている。うれしい。数頭のアサギマダラは見たことがあるのだが。藤袴は秋の七草。アサギマダラの好きな花。


f0371014_14240197.jpg


小屋をでてしばらく行くと藤袴がならんで咲いている。五つ六つ七つアサギマダラだ。クヌギの樹の下の木漏れ日のなか。足音をたてないようにそっと近づく。一眼レフのおじさんに追っかけたら逃げるよ。待っちょったら寄ってくるよ。のアドバイス。本当にそうだ。

あっちにふわふわ、こっちにふわふわ。アサギマダラの翅は薄く軽やか。苦手な鱗粉もあまりないようだ。


浅葱色の翅の斑はもちろん美しい。広げたときの赤い裾模様も渋い。最も印象的で愛くるしいのは顔のモノクロのドット柄。



f0371014_14235305.jpg


朝早く人も少ない木蔭のアサギマダラをしばらく二人占めしていると、まだまだ下にいっぱいいっぱいいるよ。と声をかけてもらった。坂を下ると一面のコスモス。そうだ今日はコスモスを見に来たんだよね。



f0371014_14243123.jpg



でも目の前のコスモスのまえに左手に藤袴がいっぱい植えられている。薄紫だけではなく白もある。カメラマンもいっぱい。数十頭いやそれ以上だろう。藤袴のなかを乱舞している。なんという軽やかさ。海を渡っていけるんだもの。日本各地で翅にマーキングされるようでリフレッシュパーク豊浦でも函館のマーキングのアサギマダラがいたようだ。1000キロ以上離れている。この小さな翅にそんなに強靭なパワーがあるなんて。




f0371014_14241470.jpg



以前ブログでも紹介したが、師の森重香代子氏はアサギマダラをクラシック蝶と詠んでいた。



翅のいろ灰青色または濃褐色アサギマダラはクラシック蝶

尖塔の冥くひしめく中世の空に浮かばや()しからむ蝶

森重香代子



森重香代子ワールドに導かれつつ藤袴のなかでうっとりしていた。



秋桜も満開。この炎暑をのりこえて可憐に秋風に揺れている。がんばったよね。



f0371014_14244523.jpg


メキシカンセージのむらさきも見頃。



f0371014_14244098.jpg



予想外のアサギマダラにすっかり魅せられた友人とふたり。


出口でアサギマダラのスタンプを押して帰り道に下関市園芸センターに立ち寄る。



f0371014_14253774.jpg


スタンプ2つで藤袴の苗をプレゼント!に惹かれ庭でアサギマダラを待つために・・・いただいた藤袴の苗は花壇の隅に植えた。数年して大きな株になれたら、もしかしたらアサギマダラが来てくれるかもしれない。



f0371014_07234372.jpg




モノクロの水玉顔がキュートなり花の蜜吸ふアサギマダラは




f0371014_14234885.jpg








[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-15 07:27 | Comments(7)

f0371014_17402649.jpg
                 11月25日(日)まで開催中、中央は紙塑人形「卑弥呼」


 先日知人から福岡県立美術館の「鹿児島寿蔵の人形と短歌」という展覧会の切符を頂いたので行ってきた。短歌を始めたばかりの頃(かれこれ三十年くらい前)に人間国宝・鹿児島寿蔵の人形の展欄会で見た美しい紙塑人形のかずかずを今も覚えている。それに鹿児島寿蔵の歌集「母のくに」も読んだことがある。


 今回は県立美術館に寄贈された作品を中心に短歌の自筆の書や陶磁器の作品が多くはないが、じっくり見るのにちょうど良いほど並んでいる。
 同時に福岡県の工芸品の久留米絣や博多帯、小石原焼も展示されている。鹿児島寿蔵は福岡市で生まれ育った人なので「郷土の工芸作家」の扱いなのだろう。
 白秋などとほぼ同時期に生まれた鹿児島寿蔵は吉居勇、若山牧水などに影響されて短歌を詠み始め「アララギ」で存在感を示しつつ活動したという。生涯に22冊の歌集を刊行し、第2回目の釈超空賞を受賞されている。ほかに人形の写真集やエッセイなどの刊行物も置かれていた。

 人形は古事記の神話、万葉集の歌を主題にしたものが多く、幻想的でロマンティックなのが特徴とキャプションに書いてある。どの人形も愛らしく、造形と衣装のゆたかな彩りが時代を越えて新鮮だ。

f0371014_17410527.jpg
                   「鹿島の宮の春の宴」
   


f0371014_17412098.jpg

                   「濤を鎮むる弟橘比賣」



f0371014_17404988.jpg

    寿蔵の歌       
        上の写真の書(自筆)
     
      紙塑のわざはゆめにあらざる夢なりき 求めもとめてもとめえし夢


     ねがひたる一世(ひとよ)はつひにかすかにてわらべごころに人像(ひとが     
     た)つくる


      もろもろのことのはげしき世にひそみ心直かれと人形つくる

      ひとがたのちいさきものにこのやうに充ちて人には見えざるいのち
   

  生涯を人形制作にかけた鹿児島寿蔵のひたむきさが歌からもうかがわれ、良いものを見せて頂いたと幸せな気分で会場をあとにした。鹿児島寿蔵の歌集をあらためて読みたいと思うが、長い間開いていない歌集が家のなかで無事に見つかるといいのだけど。

f0371014_17404234.jpg

               福岡県立美術館のスタンプ

     泣き顔と笑顔の面ふたつ持つ人形の名は「両面童子」
     前に伸ばす尾を机にし香炉たく人魚像あり「南海の夢」と
      






[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-14 07:00 | Comments(6)

 秋も深まってくると魚屋の店先にきらりと光った秋刀魚が並び、昨日のように寒かった日にはテーブルの上で湯気をあげる鍋物が恋しくなる。そうなると故郷大分の家庭ではカボスが大活躍をはじめる。


f0371014_09022409.jpg


 カボスは大分県の特産果樹で、古くから竹田や臼杵地方の民家の庭先に薬用として植えられていたそうである。「カボス」という記述が文献等に登場するのは戦後しばらくたってからの昭和中期だが、臼杵市内には樹齢300年という古木があったそうで、今も樹齢200年前後の古木が数本あるという。他県にはこれほど古い樹は見られないことから大分県が原産とされている。旬は8月中旬から10月頃までだが、ハウス栽培や貯蔵技術の向上でいつでも手にいれることはできるようになった。とはいっても、手のかかったものは高価だし旬のものがいちばん美味しいに決まっている。


 今でこそ一村一品運動のおかげで『大分のカボス』として広く知れ渡っているが、40年前はまだ関東では知名度は低く、知人にさしあげるたびに使い方を説明したものだ。

先日、妹からたくさんのカボスをもらった。妹夫婦がネギを育てている畑の脇にカボスの樹が三本ほどあるのだ。無農薬と言えば聞こえはいいが、特に手入れをせずともたくさんの実をつけてくれる果報者である。地主さんのご厚意で自由に採らせていただいていて、6月の中旬に畑を訪ねた時はまだ金柑くらいの大きさだったものが、直径5センチをこえ見事に育っている。





f0371014_09013209.jpg


 使い方はさまざまだ。定番の焼き魚、鍋物はもちろんだが、鍋物にはポン酢として利用するだけでなく、自分の皿に取った上から贅沢にたっぷりと果汁をかけると美味しい。この季節は高菜漬けの新物、青高菜が出てくるが、これにかけても酢が塩気を和らげて美味である。レモンの代わりに揚げ物に使うのもお薦めで、うちでは天ぷらにもフライにも使う。さっぱりとして塩分の摂り過ぎにも効果がある。人に教えて「えっ?」と驚かれるのが、味噌汁に二、三滴垂らすという使い方だ。微かな酸味がいつもの味噌汁の味をさわやかに変えてくれる。

 また手に入ったらおすそ分けしますので、近くの方は楽しみに待っていて下さい!


   手入れせぬカボスを無農薬と言ひおすそわけする ありがたきかな


[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-13 09:21 | Comments(6)


鷗外は、小倉第十二師団軍医部長として、明治32年6月から35年3月までの2年9か月ほどを小倉で過ごしました。この転出人事については、左遷であったとか、否、当時の制度内にあってはそんなこともありうるのだとか、いろいろに言われています。



鷗外本人はというと、「左遷」と受け取りいったんは辞職まで考えたようです。が、周囲の人々に説得され赴任します。そういう経緯もあり、この小倉時代は沈潜時代、雌伏時代と呼ばれます。



鷗外の小倉時代の業績として、クラウゼヴィッツの『戦争論』の講義、『即興詩人』の翻訳の完成、小倉三部作などがよく挙げられるようです。けれども今日は、もう一つの〈業績〉、再婚のことを書いてみましょう。



再婚相手は、荒木志げ。18歳年下でした。次に引く書簡は、この二度目の結婚のときに親友の賀古鶴所に宛てたものです。



好イ年ヲシテ少少美術品ラシキ妻ヲ相迎ヘ大イニ心配候処

万事存外都合宜シク御安心被下度候

(いい年をして美術品のような妻を迎え、大いに心配していましたが、

うまくやっています。ご安心ください)



あの鷗外が大まじめにほっとしている様子がうかがわれ、なんだか可笑しくなります。鷗外贔屓がいっそう募ります。




明治23年に前妻登志子と離別し、明治35年に再婚するまで、鷗外は13年間を独身でした。登志子さんは、鷗外小倉時代の明治33年に亡くなります。年譜だけを追っていると、登志子さんが存命のかぎりは再婚しなかった、とも受け取れます。



志げ夫人と鷗外、二人の小倉時代は3か月にも満たないものでしたが、志げ夫人は、小倉の新婚時代がいちばん楽しかったと話していたそうです。



f0371014_22150259.jpg


  

   馬小屋のありしところは晒されて秋をいちりんつめ草咲けり



[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-10 06:17 | Comments(6)

チドる  藤野早苗

9月18日のブログ「どうしても着たい」で紹介した、ネットオークションで競り合うこともなく英世一枚で落札した紅花(風)紬のその後。

和裁の先生に相談したところ、仕立師魂に火がついたのか、身頃のシミや、袖付けの裂けが目立たなくなるような工夫をあれこれ考えて下さった。別けても袖は和服の中では最も見せ場的なパーツで、ここに傷みが目立つと興ざめなのだそう。

そこで、両方の身頃から汚れのない生地を袖丈分切り取り、新たに袖を縫う。今まで袖であった布は、切り取られた身頃に柄を合わせながら縫い付ける。じゃあ、身頃に裂けができるのでは?と思ったみなさん、大丈夫ですよ。ここは衽というパーツが上から重ねられるので、結局その裂けは衽に覆われ、見えなくなります。ふむふむ、すごいな、着物。こうして一着の着物は何度も甦ってきたわけですね。

それから、さっきはさらっと流してしまいましたが、そもそも身頃から袖部分を切り取って、また袖だったものを縫い付けるって、そんなことできるの?なんか不自然な感じになったりしない?……、そうお考えの方もいらっしゃるでしょう。
みなさま、ご覧ください。こんな感じになりますよ。しかもここはお端折り部分になるので、着用すれば見えなくなりなす。なるほど。
f0371014_00464791.jpg
バッテン型が見えますか?

f0371014_00470127.jpg
表から見るとこんな感じ。


生地の柄をしっかり合わせて、半返し縫いで縫い合わせます。あとは縫い代がペラつかないように、バッテン状に縫い付けてゆきます。この縫い方、いわゆる千鳥絎けですが、「業界用語」(!?)では「チドる」といいます。

「ああ、藤野さん、そこチドってね。」という風に使う。
なんか可愛くない?この言葉にツボって(あ、これも「チドる」の仲間だ)しまった私は、和裁から帰ったその日、ずっとずっとチドり続けていたのでした。

「チドる」、私の中では「モフる」に次ぐお気に入りの創作動詞です。


 ちちよちよちちよ縫ひ針刺してまた抜いて千鳥のあしあと残す



[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-09 00:48 | Comments(7)

夏眠 百留ななみ



ながいながい夏が終わりもう10月。

なごりの木槿や咲き始めた萩にと蝶が飛び交っている。


f0371014_06415992.jpg


大ぶりな木槿には揚羽蝶。萩には蜆蝶。



f0371014_06422406.jpg


土塀の上には秋のカタツムリ。立派な大きなカタツムリだ。


f0371014_06420630.jpg


人間が外を歩けない気温、虫たちの気配も無かったと思う。実際あまり歩けなかったからよくは分からない。蚊取り線香も一度も使わなかった。

虫たちは暑すぎると冬眠のように眠っているらしい。じっと眠って暑さをしのぐ。夏眠という。


なるべくエアコンをつけなくて耐えられたのは窓全開、ベッドでかる~い小説や雑誌を読むことだった。

この夏の日本列島は南の島。シエスタでは熱中症になってしまう。


人間も夏眠が必要だ。

サマータイムなんて無理。

ちょっと動くと汗だらだら。本当に眠ってしまいたかった。だがエアコンなしでは熟睡することもできない。


ようやく涼しくなったと思ったが週末ごとに台風襲来。昨日は25号が日本海から北日本へ。土曜日はフェーン現象で新潟は35度超の猛暑日。10月なのに・・・


生い茂った夏草は家屋もブランコも隠している。


f0371014_06474047.jpg


おやおやカタツムリの近くの塀越しに野葡萄がのぞいている。宝石のようにきらきらした色とりどりのブルーは本当にうつくしい。やっぱり秋だ。


f0371014_06422180.jpg




ここ数年ぐんぐん短くなってきている秋。もうたぶん台風も来ないだろう。

この匂いは金木犀。隣家から台風一過の秋風のおくりもの。


f0371014_06422887.jpg

蝶もカタツムリもしっかり短い秋を愉しんでほしい。チビ飛蝗も早く大きくなあれ。


f0371014_06424960.jpg



蜆蝶、でんでんむしのきらきらし夏眠の夢の萩の草叢




f0371014_06424544.jpg





[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-08 06:57 | Comments(7)

社報「宗像」 大西晶子

毎年10月1日から3日までは宗像大社の大祭「みあれ祭」が行われる。御神輿を乗せたお座船を中心に約100艘もの漁船が大漁旗をかかげる海上パレード、流鏑馬、地方舞い、浦安の舞いなどの奉納と行事が盛りだくさんだ。しかし今年は台風24号の影響で海上パレードはなかった。それでも境内にたくさんの露店が出て、参拝客でにぎわっていた。

 宗像大社には社報「宗像」という月刊の広報誌がある。献詠短歌の頁があり私は前任者の大野展男氏から引き継ぎ、ここ9年ほど選者をしている。
引き継いだ当時は出詠者も今より多く、また記事に顔写真がついていた。おかげで近所のガソリンスタンドのご主人から「短歌を作りたいけどどうやって学べばいいのか」などと尋ねられたりしたこともあった



f0371014_17390626.jpg




f0371014_17391354.jpg




 今では出詠者の方々が高齢になられ、あたらしい投稿者も少ないので、歌の数が減ったが、常連の方達が楽しみながら地道に歌を詠んでいらっしゃる。毎月投稿歌をみては、あの方もこの方もお元気なのだと安堵する。


 一昨年、社報がリニューアルしお洒落で洗練されスタイルになったが、短歌のコーナーは相かわらずだ。このような変わらなさも大切にしたい。

 今月の投稿歌から2首紹介する。

      ひぐらしは蟬の名前でありますがその日暮らしと言えば
吾輩(ぼく)です Y氏

      落ち栗を見るべくなりて深みゆく秋を感じぬ対馬見通り S氏

(
)

 社報「宗像」は無料で祈願殿、拝殿にちかいお守りなどの授与所に置かれている。こちらにお参りにお出でになるときにはぜひお持ちください。
 

f0371014_17362457.jpg


f0371014_17385944.jpg


          顔しらぬうたびとたちに返信をするごと書けり一首の批評







[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-07 07:00 | Comments(6)

 先日、ふと立ち寄った本屋にもう来年のカレンダーが並んでいた。確かに今年もあと三ヶ月だし11月に年賀はがきが発売されれば、お節だ、お歳暮だと一気に慌ただしくなる。実は、まだ来年のカレンダーは早いだろうと一旦は売り場を離れたのだが、いやいやどうせ必要なのだからと、結局は定番のカレンダーを買い求めたのだった。


 わが家の定番カレンダーはここ20年近く、家族それぞれのスケジュールを書き込める形式のものに落ち着いている。子供たちが独立して家を出た今は、夫と私だけなので普通のカレンダーでもことは足りそうだが、未だに子供たちの名前も残している。そして納戸にはこれまでのカレンダーが捨てられずに積まれている。


f0371014_10020777.jpg

 日記をつける習慣がない私には、このカレンダーは過去になにがあったかの備忘録にもなっている。病院の通院歴や夫の出張、諸手続きの経緯など後になって役に立つことも少なくない。カレンダーを繰っているとあの頃、その頃のことが思い出されて調べ物も忘れてひとり笑いをすることもしばしばである。


f0371014_10015736.jpg

 2003年の1月は長男のセンター試験だった。試験の一週間前から長男の書き込みがある。「好調」から始まり「絶好調」となり次は「絶×100好調」となる。日を重ねるごとに数字は大きくなり、試験当日は10,000,000までなっている。緊張感に耐え切れずに自分で我が身を鼓舞していたのだろう。合格が決まったとたんにスキー旅行、クラス会、OB戦と楽しい予定が満載だ。2005年、次男が札幌に行ってからの10年ほどの間は私のスケジュールに3,4ヶ月に一度くらいの頻度で「札幌行き」が登場する。学園祭、雪まつり、ラベンダーを見に…となにかにかこつけては札幌に行っていた。

 楽しかったことばかりではない。父が入院していた時は毎週末に「大分」の文字が並んでいる。書かれた文字も落ち着いて書いたもの、殴り書きのようなもの、大きなビックリマークつきの弾んだものなどあって、その時々がよみがえってくる。

 そして子供たちは結婚し、それぞれのスペースには息子と妻の二人ずつの名前を書いて、誕生日のシールも妻と孫とあわせて3人分が増えた。最近の書き込みには短歌関係のものがじわじわと増えつつある。来年のカレンダーに嬉しい楽しい書き込みが増えますようにと願っている。


    来年のカレンダーに書く未来予報なりたい私を太書きにする


[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-06 10:16 | Comments(7)

「半端なくうまいりんごを食べにおいでませ」

今年もりんご村の岡崎りんご園から絵手紙が届いた。


f0371014_00252841.jpg

この葉書が届くと、ああもうりんごの季節なのかと、時の流れの速さを感じる。

いつ行こうかと考えているうちに日々は過ぎ、ある日帰宅するとテーブルの上に真っ赤なりんごが鎮座していた。仕事に追われていた私に見切りをつけ、知人に送るために夫はひとりで出かけたという。



f0371014_06174672.jpg

置かれてたのは紅玉りんご。固くて酸っぱいこの品種は最近は店頭で見かけることが少なくなった。母も妹も懐かしいこのりんごが大好きで、さっそくお裾分け用に取り分ける。残りは何にしよう。生食もいいけれどやっぱりジャムやパイが美味しい。



ところで、もう一つのテーマのヨーグルト。

実はここ数年休んだり始めたりを繰り返しながら自家製ヨーグルトを作っている。「カスピ海ヨーグルト」というコーカサス地方由来のヨーグルト。とろりとした粘りと酸味の少なさが特徴のもの。何より作りやすさが大雑把な私あっている。

普通のヨーグルトは温度管理が必要だけれどカスピ海ヨーグルトの乳酸菌は常温(20℃~30℃)で発酵するので、容器を熱湯消毒した後、「種菌」を牛乳に混ぜて固まるまで室内に置いておくだけ。だいたい1日でできあがる。できあがったヨーグルトから一匙「種ヨーグルト」を取り分けて、後は冷蔵庫で冷やして食べると良い。「種ヨーグルト」は次のヨーグルトになり、さらにその「種ヨーグルト」は次のヨーグルトとなる。種菌は季節ごとに取り替えるのが良いそうだ。

f0371014_06175056.jpg

外出できなかった日曜日。紅玉でジャムを作り、ヨーグルトにのせてみた。

コトコト煮える鍋のそばにいると慌ただしい日々が嘘のように感じられる。

りんご園にりんごをもぎに行けるといいなあ。


f0371014_00252212.jpg


くつくつとりんごを煮をり火の傍に座り文庫の本めくりつつ





[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-04 06:28 | Comments(8)