カテゴリ:未分類( 807 )

孝子正助の廟 大西晶子


宗像市の武丸という地区に「孝子正助の廟」というものがあり、周辺には「正助村」という農業施設ができて広い畑に季節の花を植えている。以前に書いたゴッホの向日葵の話はそこの畑で咲いていた花のことだ。



f0371014_10402368.jpg
                             正助の廟



孝行息子の正助さん(1671年―1757年)は江戸時代の実在の人物で、それはそれはご両親を大切にしたそうだ。  

父と母がそれぞれ「雨になるから下駄を履いて行くように」、「いやいや、今日晴れるから草履を」と言えば、父と母の両方をがっかりさせないように片足に下駄、もう一方には草履を履いて出かけた、などと伝説中の人物だとしか思えないような話が残っている。

f0371014_10403149.jpg


その孝行ぶりが有名になり五代将軍吉宗の頃、正助さんが39歳の時に藩主から田畑を与えられたり(1710年)、1717年に江戸幕府の役人に赤間宿に呼び出され酒と青銅(銭)を与えられたり、藩から税の免除をうけたりしている。 


f0371014_10401070.jpg
             福岡城で年貢を免ぜられる正助(1729年、正助58歳)



 この家は長生きの家系だったのか、享年が父は七十七歳、母は八十六歳、本人も八十七歳と、当時として珍しい長命だ。

亡くなった後で正助さんは江戸幕府「孝義録」に孝行者正助として記された。また、文化3年(1806年)の五十回忌には博多の万行寺で法要が営まれ、同年に井上周盤という人が「孝子正助伝」を著し、秋月藩主が墓前に参ったらしい。その後文化7年(1810年)には正助の霊廟が建立されている。


f0371014_10401780.jpg
                       正助87歳の肖像


正助さんが幕府の役人に御褒美をもらったのが享保2年(1717年)、貨幣経済が広まり年貢による経済が破たんし始めた時期で、吉宗の「享保の改革」が始まった翌年だ。そういう時代だったから武士社会の再興のために儒教的な「孝行」を持ち上げ、世に広めようとしたのではないかと思うのは後世の人間のうがった見方だろうか。

少し気になるのは正助さんの妻子について正助廟になにも記述がないことだ。しかし死後も長く称えられた孝行者の正助さんだ、きっと大勢の子や孫に囲まれて孝行をされて大往生したのだと思いたい。


     
           訪れのすくなき孝子正助の廟に冬の陽ふかくさしこむ




by minaminouozafk | 2019-02-17 07:00 | Comments(0)

 そろそろ三歳になる孫は、好き嫌いなくなんでもよく食べる。おかげで元気いっぱいに育っている。母親はなるべく天然の出汁や、無農薬、有機栽培の野菜、きび砂糖などを使って素材本来の味を大切にして料理を作っている。年子の子育てに追われて、手抜き料理で育った息子たちとは大違いで、とても幸せなことだと思う。

 それに加えて、孫は大方の人が使う幼児用の割れないお皿を使ったことがない。なぜなら母親は、陶芸作家だからだ。離乳食の最初からちゃんとした陶器の食器を使っている。これもまた幸せなことである。

                                                      f0371014_11252958.jpg

f0371014_11253765.jpg

 最近、またお気に入りの一枚が出来たそうで、それは孫が大好きなペンギンちゃんをデザインしたお皿。ママちゃんペンギンがアイスキャンデーを手に持って差し出している、何とも可愛らしい絵柄のお皿だ。とても気に入っているそうで、幼い頃から本物に触れていれば、大切にしていくにちがいない。


f0371014_11261141.jpg

 子育てに忙しく製作もままならないとは思うが、今、子供と一緒に感じている光や風や空気がこれからの仕事にプラスになるのではないかと思っている。淡く優しい雰囲気の作品は、私も大好きだ。東京で開く東京藝大の卒業生仲間との作品展に出展する作品にも、母親としての新たな感覚が加わるのかもしれない。


f0371014_11254686.jpgf0371014_11255490.jpg








f0371014_11260391.jpgf0371014_11262041.jpg








f0371014_11262940.jpgf0371014_11263879.jpg










   描かれたペンギンママのまなざしはひとしくおなじこの星の愛


by minaminouozafk | 2019-02-16 11:44 | Comments(2)

先週末、2週間ぶりに実家へ行き、最初に覗いたのは裏庭のふきのとう。(仏壇のご両親さま、ごめんなさい)

降水不足のため1月末のブログで成長を心配したが、たくさん膨らんでいた。早速収穫して、流し台で洗い桶のまま記念撮影。

f0371014_08133247.jpg

もう完全に開花しているのも有ったが、まだまだ収穫出来そう。今回は干しシイタケと南関あげと共におひたしで一品、厚切りベーコンとソテーしてもう一品、春の香りをいただいた。

f0371014_08131293.jpg

ちづりんも木曜日のブログで美しい写真をアップしていた。つぎに収穫した時は白秋を真似て串にさして味噌をつけて焼いてみようかな。

f0371014_08122262.jpg

そして雨あがりの翌朝の梅の木。やはり古木なので開花は遅いが、無事たくさんの蕾を付けて2分咲き。

宮先生の多くの梅の作品から、わが家の梅の木の様子に近い作品を二首

 きさらぎのこの朝空をあざやかに(こほ)りつきつつ梅の花白し 『群鶏』

 化物(ばけもの)のごとく()けたる白梅(しらうめ)の木をめぐりつつ照る花を仰ぐ 『晩夏』

f0371014_08091921.jpg

幹や枝には昨年にも増してウメノキゴケが渋さを増している。樹木が年を取ると新陳代謝が弱まって付いてしまうようで痛々しい。しかし、空気がきれいなところでしか生えず大気汚染の指標にもなっているとのこと。

やっぱり、田舎なのだとあらためて実感。だからこそ、ストレスなく毎年、開花して実を付けてくれるのだろう。がんばれっ。

       曇天の下にしらうめふふみゆく乾涸びるごと苔生す古木


by minaminouozafk | 2019-02-15 08:14 | Comments(4)

虹の足  鈴木千登世

「虹の足」という吉野弘の詩がある。


雨があがって

雲間から

乾麺みたいに真直な

陽差しがたくさん地上に刺さり

行手に榛名山が見えたころ

山路を登るバスの中で見たのだ、虹の足を。


で始まる詩。その虹の足は小さな村といくつかの家をすっぽりと包み込む。けれどそこに住む人々はそれに気づかない。


―――おーい、君の家が虹の中にあるぞ

乗客たちは頬を火照(ほて)らせ

野面に立った虹の足に見とれた。

多分、あれはバスの中の僕らには見えて

村の人々には見えないのだ。


そんなこともあるのだろう

他人には見えて

自分には見えない幸福の中で

格別驚きもせず

幸福に生きていることが――。

                      *『贈るうた』花神社


多忙な日々。寒さでくたりとなったオリヅルランを寝室に移動させていたことも忘れていた。ようやく休みとなった日曜日のこと。窓からの光の中にオリヅルランがすらりと葉を伸ばしているのに目が止まった。

―いつのまに大きくなったのだろうー

走り続ける日々の片隅でひそやかに育っている幸もあるのかもしれないと思えた。


f0371014_23163045.jpg


人生を大肯定せようつそみは虹彩(アイリス)呼ぶふたつ持つ


f0371014_23162461.jpg

ある冬の日。




by minaminouozafk | 2019-02-14 06:00 | Comments(6)


 ふきのとうの季節になった。


 白秋にこんな作品がある。



   蕗の薹

  新らしき蕗の薹かな。珍らしき(にが)()ぞする。その蕗の薹、一つ刺し、二つ

  刺し、竹の小串に三つ刺して、さて味噌つけて、火に焼きて、あな(にが)さよと

  一つ食べ、あなうまさよと二つ食べ、あないつくしと三つ食べて、さてさび

  しやと我ゐたり。春さきの、あは雪の、()なば()ぬかの、声聴きてけり、そ

  のしばらくは。



 みずみずしい蕗の薹が三つある。


 一つ二つ三つとちいさな竹の串に刺し、一つ二つ三つを愛しみつつ食べてゆく。


 ただそれだけのことが、こんなに楽しくてさびしいことだとは知らなかった。

 これを読むまで……


 読んだあとはいつもいつも雪のふる春の野が視界にひろがる。


 この長歌体の詩は、『観想の秋』(大正11年8月)に収められた。



f0371014_07581603.jpg


   ほろ苦きものよとりわけふるさとの岬なだりに咲くふきのたう



by minaminouozafk | 2019-02-13 13:18 | Comments(7)


f0371014_10060251.jpg
14歳の時に買った「オペラ座の夜」。
汚れも味わい(ということで)。
f0371014_10060861.jpg

「ボヘミアンラプソディ」を五回観た。というと驚かれるのだが、そうめずらしいことでもないらしい。この映画はリピーターが多い。公開前は客入りが危ぶまれていたのに、蓋を開けると日本国内での興行収入は111億円を超え、上映期間も三カ月を超えるロングランでまだまだ集客率は衰えていない模様。グラミー賞をはじめ、世界各国の映画賞受賞、あるいはノミネートと、この映画をめぐる話題はまだまだ尽きない。四十数年来のファンとしては実に喜ばしいかぎり。長い間Queenファンであることを公言しにくかったことを思うと、この快進撃はまことに胸のすく思いだ。


ヒットの理由は色々だろう。音楽性、Queenの四人を演じたBo-rhapボーイたちの演技力(特にフレディ役のラミ・マレックの評価は極めて高く主演男優賞を総なめにしている)、そしてフレディ・マーキュリーという複雑な人間の生涯を撮ることが結果的に現在の「多様性」というテーマにアクセスしたことも大きい。「ボヘミアンラプソディ」に関しては、この公開のタイミングがベストであった。

f0371014_10055665.jpg
フレディが憑依したとしか思えない
ラミ・マレック。
f0371014_10053856.jpg


さまざまな切り口(つまり多様性)のある「Bo-rhap」だが、私の五回目観賞のテーマは「家族」。これがなかったら、この映画はもっと平板なアイドル懐古作品になっていただろう。


フレディのバックグラウンドは複雑だ。1946年、イギリスの保護国であったザンジバルにパールシー(かつてムスリムに迫害されたペルシャ人)でゾロアスター教徒の両親の元に生れた。その後幼少期のほとんどをインドの寄宿学校で過ごし、1963年にザンジバルに戻る。しかし、翌年、ザンジバル革命が起こり、一家はイギリスへ逃れた。フレディ18歳のときのことである。ザンジバル、インド時代のことをフレディは話したがらず、メンバー間でも詳しいことはわからないらしい。そもそも「フレディ・マーキュリー」も改名後の名で、本名は「ファルーク・バルサラ」。フレディは「正式に」ファミリーネームも捨てている。


映画の中でもいたるところに「家族」は鏤められていた。マネージャーのジョン・リードに初めて会ったシーンで、「Queenとはどんなバンド?」と聞かれ、フレディが「バンドは家族」と答える。それに続けて、メンバーが口々に「俺たちははぐれ者。四人それぞれが部屋の片隅で膝を抱えて過ごしていたような人間。」、「個性はそれぞれ。」、「四人いてこそのQueenなんだ。」と答える。この場はとても印象的だ。擬似家族の存在が濃いということは本当の家族の存在の稀薄さを語っているわけだから。


では実際の家族との関係はどうだったのか。ゾロアスター教徒で、パールシー、保護国生れという経歴にフレディはコンプレックスをもっていた。一族の系譜に誇りをもち、ゾロアスター教徒として正しく生きようとする両親、特に父親との間には強い確執があった。自分とは全く違う価値観の息子をため息まじりで見つめる父親の姿が幾度も画面に映し出された。そんな父親とは対照的に、母親は(表立っては応援できないものの)、息子を理解し応援している。面白かったのは、四人がQueenとして登場する最初のギグで纏っていたフレディの衣装。これが実は冒頭近くのシーンで、フレディの母親が自宅で着ていたチュニック。恋人メアリーが勤める服飾店BIBAで衣装を探すシーンもあったのに、結局最初のステージで着たのは母の服だったのだ。

ああ、だから……。ここであの歌詞の意味がわかる。


ママ、僕はたった今、人を殺してしまったよ

やつの頭に銃口を押し付けて引き金を引いたら、

そしたらあいつ、死んじゃったんだ

ママ、僕の人生はまだ始まったばかり

それをすべて棒に振るような、そんな馬鹿なことを

僕はしてしまったんだね


名曲「ボヘミアンラプソディ」の冒頭。主人公が殺したのは誰なのか、という謎については、今のところ、「フレディ自身」という説が有力だ。前述の複雑な生い立ち、加えて言うならLGBTであることを明らかにできなかった自分、そういう自分との訣別を歌ったという解釈だ。これについて異存はない。不思議だったのは、この告白をする相手が他の誰でもない、「母」だったことである。この曲を作った頃、フレディは30歳。それにしてはリリックが幼い。逆に言えば、それほどまでに母に対する信頼が揺るぎないということなのだろう。父との確執、社会への不信感、そんなものとの緩衝材となってくれた母。「ボヘミアンラプソディ」の難解な詞について、「詩は聴く人のもの」とフレディ自身が言っている。その言に従って、私はこの曲はフレディが母に捧げた渾身のメッセージだと思っている。新しく生まれ変わる自分、それでもずっと自分はあなたの息子なのだ、と。


けれど皮肉なことに、この曲の大成功を機に、メンバーの関係性は揺らぐ。「バンドは家族」、その思いに温度差が生じ、Queenは一時活動休止。解散説も流れた。放蕩の限りを尽くしたフレディには健康上の不安も生じ、知人の裏切りにも合う。まさに八方ふさがり、四面楚歌のフレディが、かつて悪口雑言を尽くして決裂した三人のメンバー、ブライアン、ロジャー、ジョンに「母船に戻りたいんだ。」と告げるシーンは感動的だった。「家族だったら喧嘩して当たり前だろう。」、はにかみながら、申し訳なさげに告げるフレディは母親の胸で甘える子どもそのものだ。


そして、物語はあのライブ・エイド、ウェンブリーアリーナの伝説の21分へとつながる。その朝、フレディは愛猫たちにご飯をやり、生涯最後の恋人ジム・ハットンの自宅を訪ね、一緒に自身の両親の住む家を訪ねる。父親の前で、ジムと手を重ね、二人が深く信頼し合っていることを示し、これからアフリカの飢餓救済活動のためのライブに赴くことを告げる。「お父さんがずっと教えてくれていた、善い思い、善い言葉、善い行いを実践しにいってくるよ。」と。これが実話かどうかは問題ではない。自身のアイデンティティを疑い、時に憎み、家族に対して呪詛にも似た感情を有していた人間が、信じた道を全うすることで、新たな家族観を構築したことが重要なのだ。全世界で、15億人に中継され、綺羅星のごとき出演者の中で最高の評価を得たQueenのフロントマン、フレディのパフォーマンスの背後にそんな素敵な家族のエピソードがあったと思うと、ウェンブリーがいっそう輝かしい場所に思えてくる。


かの夏のcall and response AY-OH に揺れるアリーナ十万人が


f0371014_10054982.jpg
プレス用試写会でもらったピンバッジ。



by minaminouozafk | 2019-02-12 10:20 | Comments(8)

黄色の花  大西晶子


先週発熱し熱のある日が三日続いたらその後ですっかり体力が落ち、無気力になって外出ができなかった。そんな一週間の後に家を出て車を走らせていたら田圃のなかにそこだけ輝くように明るい菜の花畑を見つけた。

雲のひくく垂れこめた冬空の下で本当に目を奪うような明るい黄色があざやかだ。見ているだけで元気になれそうな明るい黄色。


f0371014_21125168.jpg


家に戻ってくると、一番家に近い曲がり角を曲がった途端にわが家のフェンスから黄梅が滝のように垂れて咲いているのが見える。これまた鮮やかな黄色だ。

庭の蝋梅の黄の花は終ったが、もうじき水菜や春菊や連翹の黄色の花が咲く。


f0371014_21123832.jpg


春にさきがけて咲く黄色の花、虫たちの眼には紫外線が見えるという。それで紫外線をたくさん反射する白や黄色の花が一番かれらには良く見えるのだとか。早春の虫たちに花粉を運んでもらうために、黄色の花をつけるのは植物の戦略なのだろう。

ビタミンカラーとも呼ばれる黄色、虫だけではなく人間の私たちも見ると元気になれそうな黄色は、万物が活動を始める早春にもっとも相応しい色なのだと思う。
 菜の花と黄梅の黄色に少し元気づけられて、溜まっていた書類の処理や家事に向かうことができた。


           
            虫の目で見る菜の花はいかならん紫外線をも見る虫の目に



 



by minaminouozafk | 2019-02-10 08:19 | Comments(7)

 二月三日の節分は、例年通りお櫛田さんの節分大祭に出かけた。その前の家内安全の祈願と続いて、二週連続だった。

 日曜日とあってか、これまでにない混みようで拝殿の入り口から始まる列に並ぶこと、二時間。途中、豆まきの壇上に博多華丸さんが登場すると、その旺盛なサービス精神のおかげで大いに盛り上がり、となりの会場は身動きも取れないような混雑ぶりだった。


f0371014_11311710.jpg

 いつものように祈願証を書いてもらい、いつものようにお祓いをして福豆をいただく。今年の福引の景品は、福々しいおたふくさんが描かれたお煎餅がふたつ。


f0371014_11310842.jpg

 その後、支部報「水城」の校正と編集会議が入っていたので、豆まきには参加せずにタクシーに飛び乗った。

会議は手際よくすすみ、校正も無事終了。みんなに福豆のおすそ分けも出来た。翌日、大分の母と札幌の息子に送り、近くに住む長男にも渡した。


 みなさんに「福」が訪れますように。


 境内の梅の花が咲き始めていた。


f0371014_11305670.jpg


    歳の数まつすぐならべた福豆の二十粒目をしつかりと噛む


by minaminouozafk | 2019-02-09 11:36 | Comments(7)

百道緑道  大野英子

 先週、柳川へ向かう大牟田線の車窓からの季節感のある風景が楽しみだと書いた。

 最近は実家へ行く三号線沿いも開発が進み宅地化し、大型店舗も増え、雑木林や、こんもりかわいい野阜も消えている。急速に進んだ今の町並みを両親が見たらきっと驚くだろう。

 そんななか、ほぼ徒歩圏内で済む暮らしの中で、もうひとつの楽しみは、図書館へ行く途中にある百道緑道。
 雨の日以外は三つ手前の九州医療センター前のバス停で降り、公園を抜けて、樋井川に架かるふれあい橋を渡る、図書館までの抜け道。

 橋からひろがる海も良いが、この季節は断然、緑道の裸木。

 先ずは、屋根型の藤棚がお出迎え。きっと、鉄骨の上では、新芽が育っているだろう。
f0371014_06435823.jpg

 不気味な枝振りもあり
f0371014_06434618.jpg

 繊細なレース状もあり、どの木々も簡浄素朴の美があり、春に向かっての懸命さが伝わる。
f0371014_06433220.jpg

 博物館の庭に入ると、モミジバフウが木の実を散らし、周辺に小宇宙を造りだしている。
f0371014_06431997.jpg

 寄りで見ると、四十雀が木の実を啄んでいる。
f0371014_06430602.jpg

 少し晴れ間が見えてきた帰り、図書館横のハンカチの木が、高いところから、僅かに残った葉をかさかさと鳴らしている。
 またねって。
f0371014_06425117.jpg
       四十雀の黒ネクタイの紳士来てフウの実につと口づけをする



by minaminouozafk | 2019-02-08 06:45 | Comments(7)

春の香り  鈴木千登世

スーパーに茎わかめが出ていた。今年の冬は暖かい日が多かったためだろうか、いつもの年よりも1月以上早い気がする。さっと茹でてかつお節をのせ、ひすい色の茎を口に入れると磯の香りがふわっと鼻に抜けていく。早春の香り。玄関に活けた白梅の枝の蕾もぷっくりとふくらんできた。



春の気配に誘われて瑠璃光寺を訪れたら紅梅白梅が咲き始めていた。

f0371014_00465160.jpg

五重塔と3分咲きの梅の花



f0371014_00463390.jpg

梅の花のやさしい香り。カメラを向ける人も多かった。


f0371014_00470003.jpg

雪吊りされた松と塔



瑠璃光寺の前ではそばソフトクリームが売られている。(そば粉が練り込まれていて、トッピングは蕎麦の実を炒ったもの。香ばしくて美味しいのでお立ち寄りの際は是非どうぞ)写真を撮っていいですかとたずねたら、このアングルがいいよとわざわざお店の外に出て構えてくださった。

f0371014_00470416.jpg

ありがとうございました。忘れられない一枚となりました。


くるぶしに春は訪れ街を行く少年少女の軽きステップ






by minaminouozafk | 2019-02-07 06:30 | Comments(8)