著者の木畑さんは「ささやかな読書ノート」と表現されるが、結社内同人誌「棧橋」、終刊後は継続誌「灯船」に全24回に渡って連載された歌人論。
戦前、戦後の歌人の歌をアンソロジー的に抜粋されたものは多いが、木畑さんはそれぞれキーポイントになる歌集に焦点を当て、時代背景から作者の短歌論まで丁寧に解説されている。
f0371014_06522594.jpg
                この一冊に相応しいノスタルジックでシンプルな装丁

第一回は〈「時間」の写生〉と題する佐藤佐太郎。
宮柊二とほぼ同年代。
茂吉に師事し、アララギ派の写実主義を受け継ぎながらも茂吉より自立。戦後という「貧」の時代に自ら短歌至上の貧の生活を選んだ佐太郎。
なぜ「貧」が必要だったのか。「純粋短歌論」と、この論に裏打ちされ、歌風が確立したとされる第五歌集『帰潮』から短歌と向き合う姿勢を探る。
純粋短歌論の中の言葉「断片」と「瞬間」をキーワードにして作品を読み解き、戦後の歌壇の動きとの比較も、佐太郎の歌人としての個を明確に立ち上げる。

佐太郎を論じた上での第二回は宮柊二という流れも必然である。
『現代短歌大系』において山本太郎が『晩夏』に柊二の屈折点を見出し、「宮柊二の歌にはじめて興味深い乱調が、いやおうなく出現した事実」を捉えたことに焦点を当て、制作時期の重なる佐太郎の『帰潮』と比較しながら「乱調」の謎を解き明かしてゆく。
私にとっても、謎が多いと感じていた作品の丁寧な解説と柊二の心情の汲み取り方が温かくも深い。
そして〈「自然在」なる歌はあらず〉と題された論にたどり着く木畑さんの歌人としての覚悟が伝わる。

第三回は白秋門下の歌人としての活躍をした木俣修の『冬暦』
敗戦という闇のなか「白秋の形骸的模倣歌」を作ることの戒めを掲げながらも白秋と通底する人間に向ける眼差しの温かさを見出してゆく。

もう少し紹介すると、語られることの少なかった山崎方代は〈仲間と裡なる故郷〉とする方代を支えた岡部桂一郎の作品との比較。
木畑さんは第五歌集『冬暁』のなかで〈鍬を手に野良よりもどる左右口の媼は方代の母にあらずや〉と方代の故郷を訪ねた一連があった。もしかしてこの論を書くにあたっての取材だったのかも。

塚本邦雄〈イエスと短歌への愛憎〉では洗礼を受けた木畑さんらしい塚本の現代短歌への愛と「イエス」への愛を考察しながらも塚本を「諧謔に満ちた明るく饒舌な大阪人ではないかとも思う」と書かれるのも上方喜劇の藤山寛美好きの木畑さんらしさかも。

最後24回は〈父たちの悔しみを継ぐ〉小高賢、桑原正紀のそれぞれ第一歌集。
宮柊二を敬愛し、戦後を引き摺るように詠まれた二人の歌集を問い直す作業は最終稿に相応しいものであった。

このようにどこを読んでも、丁寧で深い愛に満ちており、あとがきに「図書館通いがはじまりました」と記されるように、膨大な資料を読まれたことが伝わり、頭が下がる。そしてその成果のおいしい所だけ鑑賞させていただける喜びに浸っている。改めて木畑さんに感謝。

   
f0371014_06530228.jpg
              裏表紙の小さなサインも木畑さんらしくて素敵

      あたたかなまなざしのなかに浸りゐる読書時間に春の風吹く



[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-20 07:02 | 歌誌・歌集紹介 | Comments(3)

青海波  鈴木千登世

以前に父方の祖父が漁師だったと書いた。母方も山陰の出身で海とはゆかりが深い。夏休みは決まって祖父母の家を訪れ海で泳いだ。山陰の海は磯が多く、岩場をたどりつつ、なぞりつつ泳ぐ。油断していると波に弄ばれ、岩にぶつかってしまう。波の動きを予想しながら岩の間をゆるゆると泳いだりもぐったりして、飽きると岩にのぼってひなたぼっこしていた。



f0371014_23411667.jpg


「青海波文」という海の波のうねりをかたどった伝統模様がある。

「同心円の弧を鱗状に並べた日本の文様。古墳時代の女子の衣服に描かれ、平安時代の十二単の裳や小袖に用いられた。まだ舞楽の『青海波』の衣装にも使われたため、この名があるといわれる。(後略)」『ブリタニカ国際大百科事典』この青海波文に似た幾何学的な波の模様は中国や、中央アジアにも見られるという。



『源氏物語』の中に18歳の源氏が、朱雀院行幸の試楽(リハーサル)として頭中将ともにゆったりと袖を振りながら舞楽の青海波を踊る印象的な場面がある。そのことについて調べていたとき、ネットで「青海波」を検索したところ思いがけずブロック塀の模様にヒットした。


f0371014_23402855.jpg

           このような模様をご覧になったことはないだろうか。



ブロックのような無機質なものにまで「青海波」というゆかしい名の模様を入れて海を表さずにはいられない、この国の、海へのあこがれを思う。しかもこの「透かしブロック」(と呼ばれるらしい)のデザインにはさまざまなバリエーションがあって奥が深いのである。(たくさんの画像が紹介されていて驚くばかりである)影響されて、街を行き来する度に目が止まるようになってしまった。



海の国日本にあればうすずみのブロック塀に寄る青海波


[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-19 06:00 | Comments(6)

4月8日(日)、

「COCOON」第7号の批評会=COCOON第11回批評会があった。

(お蔭さまで今回も無事出席することができました)


念のために補足すると、

最初の1年間は雑誌の準備期間で、

その間は、みんな思い思いに閉じた冊子を手に批評会に集まった。(なつかしい)

それで、創刊号批評会=通算第五回批評会となるわけである。


さて、6号から7号の間に、3人の方が新たに加わった。

この7号に作品は間に合わなかったけれど、見学、ではなく評者として参加!


ほどよい刺激によって心身ともに若返るというのは、ほんとうである。

新鮮な風を運んできた新会員の存在に、みなほのぼのと若返っていった。


f0371014_21250039.jpg


これは、「COCOON」裏表紙の内側の頁にある会員分布図(7号現在)で、

デザイン部門を担う松井竜也さんの作成。(九州、がんばりたい!)


松井さんが優れた編集技術をもっていることは、雑誌を手にすればよく分かる。

けれども実のところ、本当のすごさを私は分かっていないのではないかと思う。


なぜなら、「こんなふうに」とか「あんな感じで」とかリクエストがあると、

ひょっひょっとなんでも成ってしまうからである。


ちっとも難しそうなことをしていると思わせないのはお人柄であろう。


8号では、あらたな分布図が掲げられることになる。(たのしみ)


締め切りは目の前。今頃みんな頑張っているにちがいないのだ。

次の批評会にも、とびっきりの笑顔を持ち寄るために。


f0371014_21261723.jpg


今回の一枚。ね、若返ってるでしょ。



会終了後、いつものように輪を抜けて、ひとり空港へ向かった。


  草臥れたまぶた機窓に映りつつ夜間飛行と呼べば香(かぐは)し



[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-18 06:53 | 歌会・大会覚書 | Comments(7)

玄関ホールの階段の踊り場に、小さな虹を見つけました。

f0371014_18300114.jpg

……七色あるかな?

でもそもそも、虹は七色って決まっているわけじゃないってご存知でしたか?

アフリカのアル族は八色、アメリカやイギリスは六色、モンゴルでは三色、南アジアのバイカ族は二色だと思っているらしい。


色名のない色は見えない。

言葉が認知を促すのですね。

面白い。


因みに、この虹の七色「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」を日本では、「セキ・トウ・オウ・リョク・セイ・ラン・シ」と覚えますね。

英語圏では、Roy G.Biv(ロイ ジー ビヴ)と覚えます。

red  orange  yellow green  blue  indigo  violetの頭文字をおしゃれに並べたわけですね。なるほど。


七色と言えば、われわれ「南の魚座」も七曜制で七人七色。で、先日発行した一周年記念号をお読み下さった水上比呂美さんから、こんなすてきな手作りコラージュが届いたので、ご紹介いたします。(できるだけ虹のスペクトルに近い配色で並べてみました。)

f0371014_18300612.jpg

水曜日担当ちづりんこと
有川知津子
f0371014_18301185.jpg
木曜日担当ちーさまこと
鈴木千登世
f0371014_18301639.jpg
火曜日担当
藤野早苗
f0371014_18302049.jpg
日曜日担当晶子さんこと
大西晶子
f0371014_18302488.jpg
月曜日担当ななみさんこと
百留ななみ
f0371014_18302988.jpg
土曜日担当ユリユリこと
栗山由利
f0371014_18303359.jpg
金曜日担当英子さんこと
大野英子
f0371014_18303879.jpg
顧問ひろりんこと
辻本浩
f0371014_18304458.jpg
IT管理部長クリクリさんこと
栗山貴臣


比呂美さん、ありがとうございます。

一同、大喜びです。

(マネージメント担当のひろりん、クリクリ両氏のコラージュ作品も紹介。)


追記 :先ほど、なかむーさんからコラージュが届きました。七曜制七人七様の当ブログを語り尽くした作品一首。さすが広報部長、いい仕事してます。


f0371014_12470474.png

広報部長 なかむーこと

中村仁彦


こんな、心のこもった贈り物を思いつく人になりたいなあ。



   晩春のひかり玻璃戸を抜けるとき壁に生れたりIrisの子ども


[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-17 00:30 | Comments(7)


あちらからもこちらからも黄緑色の紅色の芽が湧いてくる。木の芽の季節。


気持ちの良い天気の朝。いつものように忌宮神社の拝殿に手を合わせ、ふと石段の下の手水舎に・・・



f0371014_13505556.jpg


鳩、鳩、鳩。いつも境内には鳩がたくさんいる。いっせいに翔び立ったり、何かを啄きなから土のうえを歩いたり、ぺたっと座り込んだり。


   

f0371014_13510050.jpg

今朝は春爛漫の水浴び日和。水辺?に集合している。

境内の水辺とは・・・実は昨年の公孫樹が黄金色の葉っぱを落とす秋晴れの日に同じ光景を見たことがある。


f0371014_13504906.jpg


手水舎の水は人が近づくとセンサーが感知するのか、自動で水がでる。手水舎の排水を気にしたことは無かったが、いっぱいになると捨てなければならない。そこでお宮のどなたかが考えられたのだと思う。手水舎の下からの排水は竹の樋をとおって、畳一畳ほどのプラスチック製の箱へと注ぐようになっている。プラスチック製の箱は鳩のプール、エコな御神水の楽しい再利用だ。


f0371014_13520228.jpg


冬のあいだもプラスチック製の箱はそのままあった。初詣で手水舎の利用も多かったと思われるが、鳩たちはたぶん水浴びをしていなかった。もちろんずっと見ているわけではないから断定はできない。

にんげんも水浴びしたくなるような陽差し。なんとなく鳩と心が通じ合ったようでうれしい。


f0371014_13515372.jpg

しばらく見ていると大胆にプールに突っ込んでいく鳩、恐る恐る片足ずつ入れてみる鳩、ちょっと遠くから眺めている鳩。順番じゅんばん守っているのかしら・・・もう少し長い間観察をしたらいろいろと面白かったと思う。


 この春は足早に通り過ぎていく。藤の花も咲き始めたが、大好きな鬱金さくらはまだ美しい。


f0371014_13521833.jpg



手水舎の水の再生エコ利用つばさをひろげ水浴ぶる鳩





[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-16 07:00 | Comments(7)

大内山

宗像大社の近くに鎮国寺というお寺がある。山腹の小高い所にあり、宗像大社と釣川をへだてて向かい合うように建っている。このお寺の縁起には弘法大師空海が登場するスケールの大きな物語があり、神仏混合の時代には宗像大社の社寺だったとも聞く。
 

f0371014_23302508.jpg
                                        鎮国寺境内から


地元ではこのお寺は花の寺として親しまれている。特に桜の時期には数多いソメイヨシノが一斉に咲き、お花見の人で境内がいっぱいになる。ソメイヨシノが散ったあとで山桜や八重桜が咲くのだが、その中でも葉と花が同時に見られる〈大内山〉という桜に惹かれる。



濃い臙脂色の若葉と白い花の対比がくっきりした満開時がそれは美しいのだけど、若葉はすぐに成長し色がうすれてしまうので、見ごろの期間が短い。前回鎮国寺に行ったのは3月末。枝垂れ桜やソメイヨシノが満開だったが、大内山は蕾が硬かった。しばらく多用でわすれていたが近くまで行ったついでに寄ってみたら、葉はもう少しで緑色になりそうな明るい飴色、花は散っていた。前に来てから2週間も経っている。いくら遅咲きの桜でも行くのが遅すぎたようだ。

f0371014_23372822.jpg
                                        花の終った大内山


しかしこのお寺には、いつもなにか花が見られるように種類多く花の木が植えてある。今回は見事な八重桜に迎えられ、あまり予想していなかった石楠花、牡丹、躑躅の鮮やかな色も楽しませてもらった。



f0371014_23305594.jpg


f0371014_23370988.jpg

f0371014_23371786.jpg

〈満開の大内山を見る〉ことを、来年の春にするべきこととして、手帳の予定欄に書いておこう。来年は大内山の一番きれいな時に見に行かなくては。来年まで元気で居なくてはならない理由がまたひとつ増えた。

     うかうかとしては居られぬ人、花に盛りのときはたちまち過ぎて







[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-15 07:00 | Comments(7)

 通勤に使っているバス停が10メートルほど遠い場所に移動していた。それほど余裕をもって行動しているわけでもなく、一昨年からの脚の不調で歩くことをできるだけ避けたい私には、その距離でも負担に感じられ、朝からプンプンとした気分になっていた。

 しかし、バス停が移動していたのは、本来のバス停の場所を歩道側に入れ込みバスが停車する際に車線を占有しないようにする工事のためで、その10メートルの工事区間に置かれていたのはなんと可愛い長い睫毛のピンクの作業服姿の女の子のガードだったこともあり、朝日を受けて整列している様子が少々お疲れ気味な私に、気持ちのいい「いってらっしゃい」を言っているようにも思え、少しばかりプンプンが収まった気がした。


f0371014_08361581.jpg

 そういえばこの工事用のガード、以前は黄色い作業服のおじさん(お兄さん)が主流だったが、いつの頃からかお猿さん、カエル、キティちゃんなど種類が増えてきて工事現場の素っ気ない風景を少しばかり和ませていた。そんな中でも、このピンクのお嬢さんガードは目を引いた。

ここにも男女雇用機会均等の影響か…?


 私が職業を選ぶ頃にはまだ男性の仕事、女性の仕事という暗黙の線引きがあったように思う。かくいう私も出身校を聞かれて高専と答えると10人中9人には驚いた顔をされた。いまや看護婦さんという呼び方ではなく看護師となり、保母さんも保育士とよぶ。息子たちが通っていた保育園には男性保育士の方がいた。

 今、相撲の土俵に女性が上がれないことがなにかと取り沙汰されているが、つい10年ほど前までは女性土木技術者はトンネルに入ることはおろか、現場の見学さえ認めてもらえないこともあったという。平成19年の法改正でそれはなくなり、女性も坑内に入れるようになって多くの女性が活躍していると聞く。


f0371014_08360846.jpg
<空にむかって咲くハナミズキ>

 さあ、二歳になったばかりの孫が職業を選ぶ頃には選択肢はどれほどになっているのだろうか。それと同時に男性女性に限らずいい環境で働けるようになっていて欲しいと願っている。


     飛びなさいさあ、行きなさい 大空は未来地図描く青いカンバス



[PR]
# by minaminouozafk | 2018-04-14 11:45 | Comments(6)