2018年 10月 09日 ( 1 )

チドる  藤野早苗

9月18日のブログ「どうしても着たい」で紹介した、ネットオークションで競り合うこともなく英世一枚で落札した紅花(風)紬のその後。

和裁の先生に相談したところ、仕立師魂に火がついたのか、身頃のシミや、袖付けの裂けが目立たなくなるような工夫をあれこれ考えて下さった。別けても袖は和服の中では最も見せ場的なパーツで、ここに傷みが目立つと興ざめなのだそう。

そこで、両方の身頃から汚れのない生地を袖丈分切り取り、新たに袖を縫う。今まで袖であった布は、切り取られた身頃に柄を合わせながら縫い付ける。じゃあ、身頃に裂けができるのでは?と思ったみなさん、大丈夫ですよ。ここは衽というパーツが上から重ねられるので、結局その裂けは衽に覆われ、見えなくなります。ふむふむ、すごいな、着物。こうして一着の着物は何度も甦ってきたわけですね。

それから、さっきはさらっと流してしまいましたが、そもそも身頃から袖部分を切り取って、また袖だったものを縫い付けるって、そんなことできるの?なんか不自然な感じになったりしない?……、そうお考えの方もいらっしゃるでしょう。
みなさま、ご覧ください。こんな感じになりますよ。しかもここはお端折り部分になるので、着用すれば見えなくなりなす。なるほど。
f0371014_00464791.jpg
バッテン型が見えますか?

f0371014_00470127.jpg
表から見るとこんな感じ。


生地の柄をしっかり合わせて、半返し縫いで縫い合わせます。あとは縫い代がペラつかないように、バッテン状に縫い付けてゆきます。この縫い方、いわゆる千鳥絎けですが、「業界用語」(!?)では「チドる」といいます。

「ああ、藤野さん、そこチドってね。」という風に使う。
なんか可愛くない?この言葉にツボって(あ、これも「チドる」の仲間だ)しまった私は、和裁から帰ったその日、ずっとずっとチドり続けていたのでした。

「チドる」、私の中では「モフる」に次ぐお気に入りの創作動詞です。


 ちちよちよちちよ縫ひ針刺してまた抜いて千鳥のあしあと残す



[PR]
by minaminouozafk | 2018-10-09 00:48 | Comments(7)