2018年 09月 20日 ( 1 )

秋である。今年は火星が大接近して、晶子さんのブログ(826日)で紹介されたが、私も明るい光を何度も見上げた。写真を撮るのだけれど、なかなか光を捉えられない。星がよく見えるところに住んでいて、星空の写真を撮りたいのに持っているデジカメやスマホでは満天の星が写らない。

メンバーの素敵な写真を見るにつけ、ブログの写真ももう少しメリハリの効いたものというか、雰囲気のあるものにしたいと思っていた。


思い立って初心者向けのカメラの本を購入した。

紹介されているのは一眼レフのものだけれど、いまは手持ちのデジカメとスマホのカメラもできることをやってみようと考えている。そして、多少わかってきたら一眼レフにも挑戦したい。
夢は星空の写真。


マジックアワーという何を撮っても絵になる時間がある。映画や本のタイトルにもなっているので、言葉としては知っていたけれど、実際にはよく知らなかった。でも、紹介されている写真の雰囲気があって素敵なこと。プロのカメラマンの作品なので当然なのだけれど、初心者でもこの時間帯を狙って撮るだけでプロみたいな写真が撮れるという。


マジックアワーとは日の出と日の入り直前の、ほんの数十分間の時間。太陽が地平線に沈んでいるのに空が明るく、うっすらとグラデーションになる。
映画でも印象的なシーンを撮るために使われるという。

条件は、空気の澄んだ晴れの日であること。

f0371014_02215317.jpg

旅行したときの偶然の1枚。


これからの空気の澄んでくる季節、まず最初にマジックアワーの魔法を覚えたいと思っている。


シルエットうつくしくなるゆふぐれのマジックアワーとふ神の賜物






[PR]
by minaminouozafk | 2018-09-20 06:00 | Comments(7)