2018年 07月 12日 ( 1 )

こぼれ花  鈴木千登世

去年の夏。

通勤路の傍の歩道がクリーム色の小花で覆われていた。

f0371014_06212203.jpg

1年前も同じ路を通っていたのに全く気づかなかった。


f0371014_06212510.jpg

黄色い小花の主はこの木。

こちらは絨毯のようにみっしりと地面を覆っている。



f0371014_06211991.jpg


見上げるとチョウのような形をした花が……。

家に帰って樹木図鑑で探すけれど見当たらない。

家人に写真を見せると葉や花が豆に似ているという。

手掛かりのないまま、朝に夕に咲いている花とこぼれ花を見ながら通勤した。


あちこち尋ねてようやく「槐(えんじゅ)」と分かったのはしばらくして。

マメ科の落葉高木で、中国原産で古くに渡来した樹木という。「古事記」や「日本書紀」には神功皇后がこの木にすがって応神天皇を出産したことが記されているという。「古代中国(周)では朝廷にエンジュを三本植え、大臣がそれに向かって座した格式の高い木とされる。現代でも「出世の樹」、「崇拝の樹」として中庭に植えられることが多い。」(庭木図鑑植木ペディア)

また、「延寿」に通じる語感から縁起の良い木とされ、好んで庭に植えられたり、並木として用いられているという。



f0371014_06212891.jpg


駅通りの並木はこの木。クリーム色の花が風に揺れ、こぼれ花の絨毯が歩道に沿って伸びている。写真は曇りの日で少しくすんでいる。晴れた日はもっと美しい。



葉がくれの星に風湧く槐かな   杉田久女

裏切りもときに美し花槐     丸山しげる



昨日の帰り道、見上げると黄色い花が咲き始めていた。

路面を覆うこぼれ花に今年も出会えそうだ。



かなしみの梅雨明けに咲く花槐樹影を小さき風に揺らして


[PR]
by minaminouozafk | 2018-07-12 06:32 | Comments(7)