2018年 06月 15日 ( 1 )

実り  大野英子

f0371014_06371011.jpg
実家の裏庭に今年も茱萸が実っていた。
鳥達に見つからないように、生い茂る葉の下ながらも梅雨の晴れ間のひかりに透き通るような輝き。

そしてもうひとつ、昨年は不作だった梅の実が鈴なり。あと一週間置くと熟れすぎて落下しそうなので急ぎ収穫した。
f0371014_06362954.jpg
昨年の倍は採れただろうか。

今は、風が通る廊下の闇で追熟中。

今週末の母の命日には兄も帰って来る。

今年初めて兄にもぽたぽた梅をおすそ分けしたところ、とても喜んでくれて来年も送る約束をしている。
実家の梅が微かに兄妹を繋いでくれたようだ。
両親はこの庭に多くのものを遺してくれていたのだと、四季折々に感謝する。

今年も思いを込めて、さあ梅仕事!

      梅の実のゆたかなる香に満ちてくる追熟を待つわたしの時間


[PR]
by minaminouozafk | 2018-06-15 06:39 | Comments(6)