2018年 06月 08日 ( 1 )

今日はブログ101回目の記事。
春のみどりを総ざらい。

福岡は先週早くも梅雨入り。
春からこの時期、新緑を目にするといつまでも眺めては写真におさめてしまっていた。そして、気付くとタブレットを開き、またも眺めている。

緑は安心感や安定、調和を表す色という。料理の差し色としても重要。
五感のなかで嗅覚と関係が深いのも緑色。
匂いや香りから得る安心感やリラックス感と繋がっている。
そう、草取りの時の草が放つ匂い。森の木の香り。
気持ちを穏やかにし、心をリラックスさせてくれて一日穏やかに過ごせる。ような気がする。

f0371014_06091202.jpg
4月下旬、柳川に向かう車窓から。
大善寺と三潴の間の匂い立つような麦畑。
先月は出前歌会のため柳川歌会は休みだったが、今頃は誰かさんと誰かさんが~と歌えるくらいに成長したのちに収穫期を迎えているだろう。

ウィキペディアによると「みどりという語が登場するのは平安時代になってからであるが、これは本来〈瑞々しさ〉を表す意味であったらしい。それが転じて新芽の色を示すようになったといわれる。
英語のグリーンも〈草〉(grass)や〈育つ〉(grow)と語源を同じくするといわれ、いずれにしても新鮮さのイメージを喚起する色である」とある。
なるほど、失った新鮮さへの憧憬の念が私を緑に向かわせるのかも。

f0371014_06075881.jpg
去年からほったらかしのベランダの苺。今年は虫も付かずにわさわさ実っている。

f0371014_06073968.jpg
5月の街にも山にも、つい親目線で、この子もあの子も元気に育ちますようにと成長を願ってしまうよう生き生きと初夏の光を浴びていた。

f0371014_06072456.jpg

わが家に連れ帰った楓の親木もどんどん新芽を伸ばしている。

f0371014_06071037.jpg
先週、伊万里へ向かう車中より。山も若葉から青葉へと色を変えている。

f0371014_06065561.jpg
雨上がりのつややかに輝く椿も美しく、生の喜びを全身で表しているように見える。

      雨を待ち雨をよろこぶ山椿つややかな葉をふるりふるはす


[PR]
by minaminouozafk | 2018-06-08 06:10 | Comments(7)