2018年 05月 27日 ( 1 )

販促品 大西晶子 


このところ気温が高い日が続き、麦茶やビールなど冷たい飲み物が欲しくなる。そんなときに普段使いのグラスを取り出すが、なぜかわが家にはロゴ入りの販促品が多い。


ひとつには「シールを集めて送ると必ずもらえる、」という販促品に弱い家人が応募したがるから。とはいえ私にも身におぼえがある。

f0371014_15390272.jpg



写真中央のデンマーク国旗のついたグラスはパン屋アンデルセンのもの。ある夏一定額以上の買い物をするとこのグラスがもらえた。もともとここのパンが好きで、天神に行くと買っていたのだが、あと少しでその金額に達するという時にはつい張り込んでしまった、というわけで3個集めたところでキャンペーン終了。



前列右のシェルのマーク入りのマグはガソリンスタンドでもらったお歳暮のような品、やわらかな形と金色の貝のマークが気に入り30年使用している。


前列左のミスタードーナツの小さめのマグは夫が朝食の牛乳を飲むのに使用中。たしか久留米に出かけたときに駅前のミスドでもらったような。これも20年くらいは家にある。


なかには元の商品名が分からないものがある。写真中央の赤い四角の模様にTeaoと書いてあるが、紅茶飲料だったことしか覚えていない。今も売っているのかどうか?


この中でもっとも販促品の力を発揮したのは写真中央後列のシャンパンフルート。
 某シャンパンメーカーがずいぶん以前だが、ボトル一本にシャンパンフルート二個つきで、ボトル一本とあまり変わらない値段で売り出したことがあった。シャンパンフルートの脚の細い優雅な形につられ、けっこう高価なシャンパンを買ってしまったのは私。「見事に釣られたね」と夫と娘たちに笑われた。
 メーカーのロゴは写真では見えにくいが、ステム(脚部分)と液体の入るボウル・カップの境目に小さく彫られ、底の平たい部分にはブランド名がある。気を付けないと見えないのが良い。
 ただしその後その銘柄のシャンパンを自分で買ったことはない。 


 もうそろそろ終活などを視野に入れ、物を増やすべきではないと思うが、これからもお洒落な販促品につられて買い物をしてしまうかもしれない、気をつけなければ。



ロゴ付きのシャンパンフルートをたちのぼる泡の数ほど佳きことのあれ

          晶子





[PR]
by minaminouozafk | 2018-05-27 07:00 | Comments(6)