2018年 05月 14日 ( 1 )


五月の陽差しのなかのウォーキングは気持ちいい。


道ばたの野の草は花ざかり。英子さんに教えていただいたナガミヒナゲシもあちこちで見かける。近づいてみるととても可憐でかわいい花も多い。でも名前がわからない。とりあえず写メってあとでネットで調べようとするのだが、ついつい先延ばしになる。


一緒にウォーキングする友人も同じ思いだったのだろう。この間いつものウォーキングの途中、薄紫の花に立ち止まった私にポケットサイズの野の花図鑑を差し出してくれた。ありがとう。うれしい。さっそくページをめくるとありました。



f0371014_15433184.jpg
美術館の植え込みの松葉海蘭


マツバウンラン松葉海蘭と書く。

ちょっと前にマリンホテル跡の空き地に群れ咲いていた。海風に靡いてとても美しかったが空き地に勝手に入るのを躊躇って写真はない。

そういえば我が家の庭にもあった。ちょっと抜くのをいつも考える薄紫。抜いているはずなのに毎年あらわれる。あらわれてくれるとちょっと嬉しい変な気持ちだ。

よく見るとマンションの花壇にも。美術館の花植え込みにも。たぶん可愛いから抜かれるのを免れているのではないか。


そして野の花図鑑には、似た花としてツタハウンラン蔦葉海蘭が紹介してあった。


細い茎から松葉のような細い葉っぱが出ているから松葉海蘭。


f0371014_15471308.jpg
松葉海蘭のアップ


蔦のような葉っぱだから蔦葉海蘭。花は同じ薄紫だがちょっと違うようだ。写真の花をしっかり見ると、みたことがあるような・・・


買い物帰りにちょっと歩いた土手沿いの道。たしかこの薄紫の小さな花は蔦葉海蘭?でも葉っぱは普通。蔦のようではない。

私のカバンには野の花図鑑がない。なので後日写真で確かめてもらおう。

2ヶ所で出会った小さな薄紫の花。これまた野の花図鑑とにらめっこ。


トキワハゼ?ムラサキサギゴケ?


たぶん、こっちがトキワハゼ

f0371014_15440488.jpg
トキワハゼ

たぶん、こっちがムラサキサギゴケ


f0371014_15490311.jpg
ムラサキサギゴケ

そして蔦の葉っぱではないが花は蔦葉海蘭とよく似ている。

野の花はややこしい。



でも、こうなったらぜひ蔦葉海蘭を観てみたいと思いつつお散歩。

ええっ  こんなところに!

葉っぱは蔦!


f0371014_15442022.jpg

蔦葉海蘭

いつものコースの忌宮神社そば乃木神社への参道の左手の石垣に。ほんとうに蔦葉海蘭。

あらあら数十メートルにわたって蔦葉海蘭。うれしい、とってもかわいい。


f0371014_15442419.jpg
蔦葉海蘭


もうひとつ、今日おぼえた可愛い野の花。

ペラペラヨメナ。インパクトのある名前。

蔦葉海蘭にも混じっている。



f0371014_15434645.jpg
蔦葉海蘭とペラペラヨメナ


白からピンクへのグラデーションそして何よりペラペラ感がたまらない。


f0371014_15435709.jpg
ペラペラヨメナとヒメツルソバ

ペラペラヨメナはヒメツルソバと一緒のことも多い。やさしい色あいにホッとする。

薄紫の花たちはどれも1センチあるかないかの小さな野の花。



f0371014_15441500.jpg

蔦葉海蘭



名を知れば小さきむらさき愛ほしかり付箋だらけの野の花図鑑






[PR]
by minaminouozafk | 2018-05-14 06:53 | Comments(7)