2018年 05月 04日 ( 1 )

昨年の428日のブログ同様、今年も実家の庭は花盛り。

一面花に囲まれると自ずと草取りにも気合いが入る。
三年目ともなると、年によって繁殖勢力の違いに気付く。

ムラサキカタバミが多い年、ウラジロチチコグサが多い年、今年はオニノタビラコがあちこちに黄色の花を咲かせている。
可愛いけど、絮を飛ばす前に抜かなければ来年が大惨事になる。
多分、去年見逃した結果が今年の大量開花になったのだろう。

特に大きく育つものは絶対逃さない。
ギシギシやスイバが国道脇などに我が物顔で大きく育っているのを見ると、ふふっ、わが家は小さいうちに抜いたもんね。と、ひとりにんまり。


昨年紹介したプシュケことナガミヒナゲシもあちこち可憐な花を咲かせている。
ずんずん抜いていると、ありえない場所に楓の新芽が出ている。
果実が風に運ばれたのだろう。
このままでは、踏みつぶすのがおち。

昨年、晶子さんのブログで宮先生の〈(かへるで)のプロペラ型の実を見れば南風(みなみ)うけつつそよがぬぞなき〉を紹介して下さっていた。

プロペラそのままの芽吹き。
育つかどうかわからないが、鉢に植え替えた。

f0371014_07165271.jpg

春先、お世話になったフキノトウの葉も裏庭や玄関わきなどでありえないくらい繁っている。

やがて、私のおかずになるだろう。

f0371014_07163728.jpg

先週はチリアヤメもちらほら咲き始めた。今日あたり芍薬も咲いている頃。
春の実家は楽しみが多い。

      あらここもあそこも去年のおなじみが顔を出してる仲間と共に


[PR]
by minaminouozafk | 2018-05-04 07:23 | Comments(7)