2018年 04月 30日 ( 1 )


明日から5月。

眩しい黄緑色がみずみずしい。

f0371014_07450760.jpg

寺山修司が逝って35年。198354日、47歳でその生涯を閉じた。

デビュー作は 『われに5月を』  ほぼ10代の作品で、短歌・俳句・散文詩・・・とさまざまなジャンル。

わが通る果樹園の小舎はいつも暗く父と呼びたき番人が棲む 「番人」

ああ五月暗き馬小舎にて読みしジャンコクトオも肥料の匂ひ  「番人」

甘くむせ返るような若さ・・・自分が短歌を作るなど想像してなかった頃。物語めく西洋の甘美さに惹きつけられた。どちらかというと散文詩のほうを繰り返し読んだ。


大好きな葉桜の季節には思い出し胸が苦しくなる。


「二十才 僕は五月に誕生した」 五月の詩・序詞。

5月に生まれ5月に死んだ寺山修司。

ときどき訪れる下関の絵本屋さん〈子供の広場〉。昨夏のブログで紹介したら、早苗さんから大人の本も探しに行っていたと嬉しいコメントをいただいた。じつは私もそう。


f0371014_07155379.jpg


絵本を選び終わり、ほかに何か面白い本ないかしら・・・と店内を所在なくながめていると、さりげなく店主の横山さんから

「寺山修司の詩集ってよりも絵本かな、すてきな一冊ですよ。」

とお薦めされた。


20cmほどの正方形、表紙・裏表紙が厚紙のドイツ装の小さな一冊。

タイトルは 『五月よ 僕の少年よ さようなら』

猫を抱いた少女の絵は宇野亞喜良。

50頁ほどに鏤められた寺山修司と宇野亞喜良の宇宙。


f0371014_07161259.jpg

買うしかない。


宇野亞喜良さんは若くして寺山修司と出会い、舞台美術、ポスター、芸術監督として活躍してこられたと後書きで目黒実氏が書かれている。

目黒実氏はちょっと前まで九大のこども芸術学科の客員教授をされていた。

そしてこの小さな一冊の発行所の住所を何気なく見ると、福岡市南区平和。



f0371014_07160708.jpg

店主の横山眞佐子さんは角野栄子さんなどとも親しく、市内の小学校で選書会も息子たちの頃からされている。40年も前に下関に絵本の専門店をつくられたパワー、あこがれの女性だ。

しばらく雑談していると彼女のお父様が熱心に短歌をされていた話に。今でも実家にたくさんの短歌の本があって・・・と素敵な笑顔で。帰って調べてみると山口県歌人協会の設立にもかかわられ、理事、選者もされていました。


なんだか不思議なご縁の一日、たいせつに絵本をかかえて帰りました。


f0371014_07155732.jpg

最初の作品が写真の少年時代。

長靴をはいた猫と寺山修司の出会い。

またまた澁澤龍彦ウィルスにシンクロしていまいました。


明日から五月。


もっとアバンギャルドに情熱的にと自分自身を思う。

風に揺れる葉桜の下、ざわざわと心が落ち着かない。

ひとりぼっちのおまじない

だいせんじがけだらなよさ



f0371014_07160336.jpg



サングラス越しセピア色フロントのガラスいつぱい五月の夕陽






[PR]
by minaminouozafk | 2018-04-30 08:59 | Comments(7)