人気ブログランキング |

アルバン・アトキン薬局  有川知津子


 昨年、中冨記念くすり博物館で開催中の「忍者とくすり展」をご紹介した。今日はこの博物館の中に移設保存されている薬局をご紹介したい。



アルバン・アトキン薬局  有川知津子_f0371014_00060143.jpg



 アルバン・アトキン薬局である。



アルバン・アトキン薬局  有川知津子_f0371014_00063886.jpg




 120年前の薬局。120年前といえば、1900年。イギリスはヴィクトリア女王の治世、日本は明治33年である。



 この移設再現された薬局の棚には、当時売られていた薬がそのまま展示されている。



アルバン・アトキン薬局  有川知津子_f0371014_00061399.jpg




 この空間に気分が昂ってしまったこと、いうまでもない。でもとても静かに昂っていたはずである、それは誰も気づく人などいないほどの小ささで。



 それなのに、通りかかった人に、これすごいでしょうと声を掛けられてしまった。その人はちょうど見入っていたアトロピンの瓶をさして、中世にはこれを、貴婦人たちが瞳を大きく見せるために(美しくみせるために)使っていたことなどを教えてくれた。もちろん、そんな使い方をしてはいけないのである。



 アトロピンというのは、チョウセンアサガオなどのナス科植物に含まれるアルカロイドで、散瞳作用がある。日本薬局方には、硫酸アトロピンとして収載されている。



 昨日、衣装箱を整理していたらこんなものが出てきた。



アルバン・アトキン薬局  有川知津子_f0371014_00062379.jpg



 これは薬局勤めをしていたころに使っていた本。本棚からではなく、なぜこんなところからと悩んでしまったが、それ以上に、このマニュアルがあまりにもキレイなことに困惑してしまった。このマニュアルがこんなにキレイであってはいけないはずではないか。

 2003年版、もう使えないなあ。



  追ひかけて追ひつけなかつた夢を見た小児薬用量を過てるゆめ




Commented by minaminouozafk at 2020-02-12 21:55
ちづりんの違った一面を覗いたようで、何だか嬉しい!
あまりにもキレイといいつつ、細かく分類された付箋紙、見逃しませんよ~。E.
Commented at 2020-02-13 14:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minaminouozafk at 2020-02-13 22:23
*******8さま
コメントありがとうございます。
薬剤師の仕事を離れて数年になりますが、小児領域の処方箋をめぐるあれこれが多く記憶に残っています。
こちらこそよろしくお願いいたします。有川知津子
Commented by minaminouozafk at 2020-02-13 22:43
映画の中に紛れ込んでしまったような、雰囲気のある薬局ですね。処方されたらくらくらとよく効きそうです。衣装箱から本とはふしぎだけれど、大切にされてたことがわかります~。Cs
Commented by minaminouozafk at 2020-02-14 20:37
シャーロック・ホームズが居た頃のロンドン郊外の薬局ですね。映画やドラマでしか見たことがない時代の風景ですが、なぜか既視感があるのが不思議です。A
Commented by sacfa2018 at 2020-02-14 23:39
素敵な薬局。
こんなところで買ったお薬はとても効きそうです。
ご紹介、ありがとうございます。S.
Commented by minaminouozafk at 2020-02-15 11:27
口髭の薬剤師さんが、ひょっこり出てきそうな不思議な空間です。薬の匂いまでしてきそうな…。タイムスリップしたような…。Y.
Commented by minaminouozafk at 2020-02-15 12:27
120年前のロンドンの薬局。ゆっくり覗いてみたいです。薬剤師のちづりんさんと出会えそうです。小児科の薬はピンクや白、黄色の粉を混ぜて分包。みんな大きさ違うからですよね。シロップもチョコ味とかで…N.
Commented by minaminouozafk at 2020-02-15 21:16
ガラス扉の内側にも入って見学できるのですよ~また行きたいところの一つです。Cz.
by minaminouozafk | 2020-02-12 06:48 | Comments(9)