人気ブログランキング |

春二つ、三つ  栗山由利

 暖冬といわれる今年も、立春を過ぎてから冷え込む日が続いている。この寒さに気をからげて、一昨日からおでんに取り掛かった。暖かくなるとおでんは似合わない。


 寒いといっても、暦の上では春。買い物帰りの道沿いにもぽつりぽつりと、春が顔をのぞかせている。


春二つ、三つ  栗山由利_f0371014_11350169.jpg

 上流は裂田溝につながる那珂川の堰に立つ鳥のまわりの空間も、心なしかやわらかく感じる。


春二つ、三つ  栗山由利_f0371014_11345234.jpg

 道端にはカタバミの仲間か、白い花が今にも開きそうな様子で背伸びをしている。


春二つ、三つ  栗山由利_f0371014_11344192.jpg

 ご近所の枝垂れ梅も今が盛りと、ちいさな手毬のような花が重たげである。


春二つ、三つ  栗山由利_f0371014_11343281.jpg

 節分祭で訪れた櫛田神社の河津桜も満開で、写真を撮っている人が引きも切らなかった。


春二つ、三つ  栗山由利_f0371014_11342149.jpg

 大分の河津桜。山の緑、空の青に花の色がいっそう映えている。


 冬の到来には身構えてしまうが、春のおとずれは両手を広げて迎えたくなる。

 あとひと月もすれば、桜を待つ気持ちも大きくふくらんでくる。卒業の春、旅立ちの春。変化の乏しい日常に、春は少しばかり期待を持たせてくれる気がする。



   春三つ見つけた日には手袋をはづして歩こう川べりの道


Commented by minaminouozafk at 2020-02-08 22:34
「この寒さに気をからげて」の「からげて」がおもしろい。なんとも言い換えられない~
春のおとずれは両手を広げて迎えたくなる、はまったく同じ気持ちです! Cz.
Commented by minaminouozafk at 2020-02-08 22:41
寒さがぶり返したなか、いち早くの春のお知らせをありがとう。
昨日実家に帰って余りの寒さに、おでんを買おうと思いコンビニに行くと、もう終了してた~(ToT) E.
Commented by sacfa2018 at 2020-02-09 03:10
冬の到来には身構えてしまうが、春のおとずれは両手を広げて迎えたくなる。

ああ、いいなあ、この表現。本当にそう思います。
そして、「気をからげて」って、大分の言葉?
これもまた、素敵。S.
Commented by minaminouozafk at 2020-02-09 12:31
春のお知らせありがとうございます。
水辺に、花に、光に……。もう、春ですか。
作品も春を実感できて素敵です。手袋もマフラーもはずしてあるくと気持ちいいでしょうね。Cs
Commented by minaminouozafk at 2020-02-09 16:39
下関も河津桜咲いています。ちょっと寒くなりましたが冬枯れしないまま野の花たちは春を迎えそうです。気をからげて?中津っ子の94の母に聞いてみます。N.
Commented by minaminouozafk at 2020-02-09 23:07
春は植物の再生の季、鳥や虫も動き始めます。ヒトの私たちも若くなれるわけでもないのに、なにか新しいことをはじめたくなったりして。特に良いことが起こるわけではなくても春は待ち遠しいですね。きれいな梅と桜の写真をありがとうございます。A
Commented by minaminouozafk at 2020-02-10 07:54
「気をからげる」普通にわが家では使っていました。そんなに珍しかったとは知りませんでした。今度、調べてみます。Y.
by minaminouozafk | 2020-02-08 11:57 | Comments(7)