人気ブログランキング |

世界を旅する植物館  鈴木千登世

風に誘われるように登っていった丘の上には植物園があった。名前は「世界を旅する植物館」。「世界を」「旅する」のところで心はもう躍っていた。


f0371014_00343034.jpg

入り口前の庭で出迎えてくれたのは「ニュートンのリンゴ」。2018年5月2日のちづさんのブログで紹介された木と同じ小石川植物園から枝を分けてもらって、接ぎ木して育てた木という。(兄弟の木~)なんだか嬉しくなる。

f0371014_00344116.jpg

こちらは「エンドウ」ならぬ「メンデルのブドウ」の木。「遺伝の法則」を明らかにするきっかけとなったブドウの木で、やはり小石川植物園から。

 
ここは、前々回「蟻の城」と題した記事でご紹介した、ときわ公園の中にある植物園。


f0371014_00340567.jpg

館内を「熱帯アジアゾーン」や「アフリカゾーン」など8つのゾーンに分けて、例えばアフリカゾーンならバオバブの木というように、シンボルツリーを中心にして原産地の植生が再現されている。「世界を旅する植物館」は世界を旅するように珍しい植物や花、果実に出会えることをテーマにした植物園だった。


f0371014_00343522.jpg



f0371014_00342723.jpg
            
            オセアニアゾーンのシンボルのボトルツリー


f0371014_00335868.jpg

 ジュラシックツリー。オーストラリアで発見された貴重な木。古い時代の植物の特徴を残す「生きている化石」という。

f0371014_00335090.jpg


      
 
f0371014_00335421.jpg


  f0371014_00340916.jpg

       
f0371014_00341834.jpg

魚座のメンバーと入ったら、閉館までに出口にたどりつけないかもしれない……。



f0371014_00334597.jpg

植物館を出るとちょうどお昼時。

公園内には小さな子どもを連れた家族や老若を問わない人々でにぎわっていた。日陰を選んでシートを広げてのお弁当。日よけのテントを持参して思い思いにくつろぐ家族も多く、そのさりげなさは風景になじんでいて、この公園が人々に親しまれていることが伝わってきた。



和名まだない植物の名をたどり森をめぐりぬ少し湿りて



Commented by minaminouozafk at 2019-05-23 18:58
120年に1度の竹の花と出会えたり、世界を旅したり、植物園行かねば~。
小さな観賞植物としてのボトルツリーしか知らなかったので、あまりの大きさにびっくり。ああ、世界は広いなぁ。E.
Commented by sacfa2018 at 2019-05-23 20:58
世界を旅する…なんてロマンがありますね。植物が受け継ぐDNA、命って興味深いです。S.
Commented by minaminouozafk at 2019-05-23 23:15
閉館までには、たどり着けず、翌日、出直し。きっと、そうなります~。ニュートンの林檎の木があるのですね。Cz.
Commented by minaminouozafk at 2019-05-24 00:29
地味でもたくましい命の繋がりですね。小石川植物園、忘れたほど昔(笑)に行ったことがあります。「生き延びてね」つて、言いたくなります。Y.
Commented by minaminouozafk at 2019-05-24 10:13
宇部のときわ公園にある植物園ですか、楽しそうな植物園ですね。心の冒険旅行ができそう。ご紹介ありがとうございます。A
Commented by minaminouozafk at 2019-05-25 17:52
植物園もいいですね。カタカナの名前を覚えられないのが残念ですが、歩いていると気持ちがゆったりしてきました。次はお弁当を持って訪れたいと思いました。Cs
by minaminouozafk | 2019-05-23 05:43 | Comments(6)