水城  有川知津子


あれは、663年白村江でのことだった。要請に応じて百済の救援に赴いた日本軍は、唐―新羅連合軍に敗北。それはそのまま、唐―新羅の侵攻の脅威にさらされることを意味した。ただちに北九州の防衛体制は強化されなければならない



f0371014_22182672.jpg




天智天皇は決断する人である。壱岐対馬、そして筑紫の海岸線に沿って防人を配し、烽(とぶひ)を置いた。むろん、九州の政治経済の中枢である大宰府の防衛も考えられた。そのために築かれた一つが、今、ご覧いただいた写真を左右に横切る堤防である。これを〈水城〉と呼ぶ。正確には、水城跡と言わねばならないか。



『日本書紀』天智天皇3(664)年の条をみると、

又於筑紫、築大堤貯水、名曰水城。

(また筑紫に、大堤を築いて水を貯え、名付けて水城といった。)

とある。この大堤〈水城〉の規模は、注釈書によると、全長1.2キロメートル、基底部幅80メートル、高さ13メートル。これで、博多湾からの侵攻に備えたという。



f0371014_22175547.jpg



 実は、この日、水城に来る予定はなかった。小さな齟齬が重なって、目的地には行けず、気づいたらもう夕暮れで、私は知らなかったけれど、〈水城〉が近いという地点にいた。



f0371014_22183530.jpg



私の立っているところは、〈水城〉の外濠にあたる。かつて国を守るために水をたくわえたところには、今、コスモスが咲いている。見ているとどこまでもどこまでも咲いている。そんなはずはないのに、やっぱりどこまでもいつまでも咲いている。



帰るころにはここが目的地であったように思えていた。



f0371014_22174717.jpg



大いなる〈水城〉のことを話さうか余談の好きな生徒のために




[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-11-07 20:12
何処に行き違えて、水城にたどり着いたのかな。きっと何かに導かれたのでしょう。
最近、整備されてとても美しくなっています。
水城での「筑紫路の万葉を歩く」最終稿の時に訪ねて驚いたことを思い出します。秋はことさらですね。E.
Commented by sacfa2018 at 2018-11-07 22:51
663年を見てきたようなちづりんの文章。面白くて、ためになる。美しい画像とともに、ありがとう。S.
Commented by minaminouozafk at 2018-11-08 06:16
一面のコスモスが美しい。博多は幾度も防衛の地となったんですね。すーっと古代へ連れて行ってもらったようです。また訪れたいところが増えました。
昨日支部報の「水城」が届きました。充実した内容。これから読ませていただきますね。Cs
Commented by minaminouozafk at 2018-11-08 07:27
天智天皇は決断の人ですね。あらためて北部九州と朝鮮半島の近さを思いました。大いなる水城のこともっと知りたくなりました。支部報「水城」ありがとうございます。黄色に題字、結び雁がねの紋様。封筒を開けてうっとりです。たいせつに読ませていただきます。N.
Commented by minaminouozafk at 2018-11-08 10:46
重なる山の夕暮れは変わらないのでしょう。その昔に時間移動して眺めている気持ちになりました。ありがとうございました。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-11-08 14:36
ちづりんのお蔭でタイムトリップを楽しむことができました。さすがにコスモスの美しい花は見られませんでしたが。A
Commented by minaminouozafk at 2018-11-09 21:17
コスモス、きれいでした。支部報のほうの「水城」も、会員みんな大切に思っています。ありがとうございます。Cz.
by minaminouozafk | 2018-11-07 07:00 | Comments(7)