狐の足あと  鈴木千登世

前の日より10も低くなるなど、気温が乱高下した週末。足先が寒いという家人と湯田温泉の「狐の足あと」を訪れた。「狐の足あと」は湯田温泉観光回遊拠点施設で湯田温泉観光に必要な情報を提供しているという。

f0371014_00554018.jpg

「狐の足あと」の文字の下にはYUDA-ONSEN WELCOME SQUARE とある。英語になると軽やか。漢字の湯田温泉観光回遊拠点施設との落差が面白い。



気になりながらいつもは前を素通りしていたけれど、今日は連れがあるので思い切って入ってみる。

入ってすぐはカフェ。

中也メニューとあったので、おそるおそる注文してみた。


f0371014_00551823.jpg

中也のカフェジェリッチ「朝の歌」(ミルクの中にコーヒーゼリー)。

f0371014_00552289.jpg

中也のシルエットラテ「かの女」。台紙には中也の詩が印刷されている。

利き酒メニューもあった。窓辺は足湯に浸りつつ庭を眺められる席となっていて、観光客だったら足湯に浸りながら味わうのもよさそうだ。

f0371014_00552607.jpg

中也の展示コーナー


f0371014_00594206.jpg

帽子とマントは無料レンタルで写真撮影ができる。


生誕110年だった去年は「文豪ストレイドッグス」というコミックとのコラボイベントが開かれていた。コミックをきっかけに中也の詩に興味を持った人も少なくなく、私の若い友人もその一人。観光の中也は自分の中の中也とはどこか違っているけれど、新たな中也像として魅力を伝えていくのだろう。

狐の足あとには3つの足湯があった。一つはカフェの窓辺の湯で、もう二つは屋外の庭に設けられていた。


f0371014_00594853.jpg


ちょっと熱めの湯に足を浸していると、体の芯がほかほかと暖まって足も軽くなってきた。奥に見える楓は今は緑だけれど、もう少しすると紅く色づくことだろう。風はもう秋の風。詩が恋しくなる。湯田の街中にいるというのにいつもと違うどこか別の時の中に座っているようだった。



ああやはり おまえは何をしてきたと風が吹くなり中也の風が







[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-09-13 19:06
窓辺で足湯に浸かりつつ、利き酒した~い。なりきり記念撮影もしたい!
湯田はもう一度訪ねたい場所でしたがますます行きたくなりました。E.
Commented by minaminouozafk at 2018-09-13 20:46
足湯の気持ちいい季節になりますね。違った時の流れに誘われました。Cz.
Commented by sacfa2018 at 2018-09-14 01:00
湯田温泉、ずいぶん変わったのでしょうね。懐かしいなあ。今年中に訪ねてみたいです。山大にも行ってみたいなあ。S.
Commented by minaminouozafk at 2018-09-14 07:31
狐の足あと、お洒落な施設ですね。ほんと山大も懐かしいです。お湯が恋しくなる季節、湯田温泉でほっこりしたいです。N.
Commented by minaminouozafk at 2018-09-14 07:49
足湯に浸ってのんびりと…。せっかちな私は足湯の経験がありません。もうちょっとゆったりしないと駄目ですね。別府の湯けむりが浮かびました。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-09-14 22:07
昨夜からPCの不具合でコメントが遅くなりました、ごめんなさい。湯田温泉には山口での大会で行ったのが印象に残っていますが(その節はお世話になりました)、変わりましたか。お洒落な「きつねの足あと」でお茶をして足湯に入ったら、中原中也のように詩ごころが湧いてこないかしら、行きたいな~。A
Commented by minaminouozafk at 2018-09-16 12:14
お待ちしています。足湯に浸りながらお茶(お酒?)したいです。狐の足あとは中也記念館の正面にあるので、記念館へもすぐです。Cs
by minaminouozafk | 2018-09-13 06:25 | Comments(7)