高原のうすむらさき 百留ななみ


乳白色の霧にすっぽりとつつまれた高原。


f0371014_16530953.jpg


しっとりした草を踏み分けていく。視界は2~3メートルくらいだろうか。

目の前に薄紫色があらわれる。もしかしたら・・・しゃがんでよく見ると、やっぱりマツムシソウ。「こんにちは、おひさしぶり」広島県と島根県の堺の中国山地の高原。宿舎がただ一つだけの山奥。幾度もおとずれている大好きな場所。

魔法のように白い霧のなかからあらわれるやさしい黄色、紫色、ワレモコウの濃紅色。


f0371014_16525621.jpg


黄色はキンミズヒキ。薄紫色は松虫草だけではなくツリガネニンジンや擬宝珠も群生している。


f0371014_16522747.jpg


擬宝珠のむこうは池で睡蓮が可憐なピンクの花を咲かせている。


f0371014_16532684.jpg


なんだかグリム童話のなかのようで幻想的な時空間。

はじめてこの高原をおとずれた25年前も霧のなかだった。そのなかを散歩していて、いきなり牛と出会った。そう牧場だったのだ。不法侵入は人間の私だったんだよね。

もともと奥出雲は、たたら製鉄がさかん。そのための木炭を作るためにたくさんの木が伐採された。その跡地では長いあいだ牛の放牧がされていた。つい最近まで。牛のおかげでもとの森林にはもどらず天然のシバの草原。ところどころにレンゲツツジやイヌツゲの低木、そしてハルニレの大木が数本かあるとても美しい高原。


f0371014_16542510.jpg




翌朝はすっきりと晴れ。山頂までくっきりみえる。


f0371014_16534674.jpg


山道にはカワラナデシコ、オミナエシ、ハギと秋の花たちが揺れている。ブナの林のなかにはウバユリやミズヒキソウ、ヤマアジサイもまだ残っている。朝まだき山頂。視界は360度。中国山地の山なみが雲海のなか美しい。



f0371014_16535618.jpg



しとしとしと松虫草のむらさきが霧の野原を照らしてゐるよ






[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-08-13 22:15
霧の高原の風景、ロマンティックですね。きっと涼しいのでしょうね、避暑に行きたいです。きれいな野の花の写真をありがとうございます。A
Commented by minaminouozafk at 2018-08-13 22:45
松虫草のむらさき、心ひかれます。夏の高原はお花畑ですね。ななみさんの目を通して間近で見ることができました。ありがとうございます。雲海、いいなあ。Cs
Commented by minaminouozafk at 2018-08-14 01:56
清々しい高原の空気をありがとうございます。暑気あたりしていたからだと心に効きますね。明日からまた頑張れそうです。S.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-14 07:42
雲海と霧の高原、さまざまな草花。うらやまし~い。
下界は今日も暑くなりそう(>w< )がんばろ。E.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-14 12:47
霧につつまれた高原の景色は同じ日本の夏の風景とは思えませんでした❗
暑いです。私も下界でがんばろーー。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-15 19:36
ありがとうございます。つかの間の避暑でした。台風接近で蒸し暑いですね。まだまだしばらく暑い日が続きそうです。N.
by minaminouozafk | 2018-08-13 07:08 | Comments(6)