夏の雪 大西晶子

最近庭に 薄紅の雪のようなものが降る。庭でいちばん背が高いさるすべりの木から花が散っているのだ。

実を言うと、もう植えて33年も経つのに、近くで花をじっくり見たことが無かった。なにしろ高いところに咲くので花を切って活けることができないし、キーウィの棚の間から頭を出しているので、見上げるのも難しい。




f0371014_16482091.jpg


しかし、昨年買った高枝ばさみがある。切った枝を落とさずに手元に持って来られるというので、使って切ってみた。

いつも木に咲いたものを遠くから見るか、散った花びらを手に受けて見たりしていたので、1輪がどう咲いているのかを見るのは初めてだ。


f0371014_16484095.jpg


まるで宇宙ステーション。花びらの根もとは殆ど糸のよう。

萼と花弁は6まい、萼に包まれた蕊は丸まっているが、咲ききると黄色の蕊が花弁の真中でふさふさになる。


百日紅の名は紅い花が7月から9月にかけて3カ月近く咲き続けることによる漢名に由来するという。また樹皮が剝けた後の樹肌がつるつるしているところから猿も滑るとサルスベリの名がついたが、実際には猿は滑らずに登ることができるらしい。



サルスベリの花言葉は雄弁、愛嬌、不用意。
 雄弁は高木でよく目立ち、次々に花が咲き続けるから、愛嬌・不用意は樹皮猿が滑るために猿も木から落ちるということから。

サルスベリは風が吹くと花弁の細い付け根が一斉にゆれて木全体がふるふると揺れているように見える。


水揚げは良くないようで、高枝ばさみで切った枝は花瓶ですぐに花が散り、残りの花も数日で枯れてしまった。

やはり木の花は高いところで咲くのを遠くから眺めているのが良いのかもしれない。


f0371014_16483267.jpg

ご近所の白いサルスベリの花が散ると本当に真夏の雪のようだ。


はちぐわつを雪のごと散るさるすべり戦の記憶早やとほくなり




[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-08-12 21:58
サルスベリが咲くと夏もクライマックス。すごい量感の花はこういう姿をしているのですね。真夏にサルスベリが雪のように降るなんて、素敵なお庭ですね。S.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-12 22:49
百日紅って、幹を擦ると枝の先まで震えるとききました。本当ですか?広いお庭。キウイもあるのですね?わが家の近くも百日紅たくさん咲いています。夏の景色です。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-13 08:46
百日紅の花ってこんなに繊細なのですね。たしか門扉の辺りに実生の百日紅が出てくるはず…暑すぎて庭もちゃんと見ていなかった今年。抜いていなかったら小さな花をつけていました。なんだか嬉しい。ありがとうございました。 N.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-13 09:07
実家の百日紅は二本とも低木なので草取りの時、花に触れては花びらを浴びています。蜘蛛の巣も花まみれ。
そろそろ花も終わりそうです。E.
Commented by minaminouozafk at 2018-08-13 21:12
夏の花、百日紅、木によって少しずつ違う花の色を眺めるのが好きです。こんなに不思議な姿をしていたとは。じっくりと見ることができました。ご近所の百日紅、観察してみます。パソコンやっと復活しました。コメント遅くなってごめんなさい。Cs
Commented by minaminouozafk at 2018-08-13 22:08
サルスベリにも背の低い品種があるそうです。英子さんのご実家のお庭の木はそれでしょうか。きっと華やかでかわいいでしょうね。A
by minaminouozafk | 2018-08-12 09:49 | Comments(6)