父の命日  大野英子

今月27日は父の命日。

本格的に介護が始まった平成232月から介護日記を記していたが父が亡くなる前日にとぎれたまま。ようやく読み直す気になりページをめくる。父が亡くなる2週間前の記録。


平成26313()

寒い上に強風で傘がさせない。洗濯物が多く先に母の元へ行き、父の元へ。意味不明の言動はあるが、人工呼吸器を外しても穏やか。医師から〇〇病院の受け入れの連絡が来たことを告げられる。検査の結果、特に異常が無く来週転院調整する事となり父にも話してくれた。父は医師の話に、うんうんと応じていたけれど、後から「先生から見放された」と言っていた。なだめたが黙り込んでしまう。
 案の定、帰宅後看護師さんから「お父さんが、直ぐに来てと言ってますが」と電話。度々のことで大雨が降る今夜は看護師さんにお任せする。帰宅後の電話が怖い。今の看護師さんたちは状況把握して対処してくれているが、新しい病院を思うと少々気が重い。
 夜10時半過ぎ、父が痙攣を起こし一時呼吸停止になったと再び電話。駆けつけると薬で眠っていた。CT検査では異常なし。朝まで眠っているだろうから帰って良いとの事。父は死なないと信じる。近い実家に戻る。夜中二時過ぎ、地震で目が覚める。大荒れの一日。


母と同じ病院へ転院することが決まった頃。

あの頃の追い詰められた思いがまた蘇るが、今思えば、あっというまに過ぎ去った時間。

車椅子の母も、父と一緒に居られることを喜んでいたのに、転院して2日目の急変だった。その前日は兄も東京から見舞いに来て、家族4人久々に揃い、父に「明日はきっと満開になるよ」と窓から見える桜を伝えて帰宅したのに……

そして、母までが一年数か月後に逝ってしまうなんて。



単身赴任で福来していた兄が今月で東京に戻ることになり急遽彼岸の入りの先週の日曜、一緒に墓参へ。

翌日福岡での桜の開花予想が出ていたが、墓地の桜並木も数輪開いていた。

夜は昨年同様、兄にご馳走になり父との思い出を語る。

兄とは二年の赴任の間、二回しか会っていないが、やはりまた遠く離れると思うと寂しい。

6月の母の命日には会うことを約束して別れた。

カルチャーの鑑賞の時間は現在、ゆかりさんの『馬上』

 宗像(むなかた)のさくら美しからん朝 大野展男さん逝きたまひけり
 悲しいなあ今年のさくら父あらず久津さん小高さん大野さんあらず

 大野さんとの約束の〈みあれ(さい)〉玄界灘に行きたかりしを

 宛先にいくたびも書きし若木台かへりこよやはらかきほほゑみ

詠んで下さったゆかりさんに、そして今日学ぶ頁のなかにこの作品がある巡り合わせに、感謝。

今年はふたたび父の命日に満開予想が出ている。

f0371014_06102380.jpg

              〈昨年の桜〉


      やがて咲くさくらに怯えつつ見上ぐいろづくつぼみに罪科はなく

      仄白く闇を照らせりみやうてうはひらかんふつくらふくらむさくら


[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-03-23 22:01
3月13日の介護日記、胸に迫ります。大変な時期を過ごされたのですね。読み返すのも、本当に気力が必要ですよね。ゆかりさんの作品の中のお父上、懐かしいです。S.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-24 06:27
介護なさった日々の英子さんのお気持ちを思いました。言葉にならない思いもたくさんおありだったことでしょう。ゆっくりゆっくりなさってください。お父様もお母様も見守っておられます。魚座の仲間もいますから。Cs
Commented by minaminouozafk at 2018-03-24 06:29
ご兄妹揃ってのお彼岸の墓参、お父さまお母さまご先祖の皆様、お喜びでしょうね。今日は彼岸明け、また少しさみしくなります。Cz.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-24 07:45
ようやく読めるようになられた介護日記、たいせつにされて下さい。4年間は長いような早いような…桜の開花と一緒に毎年おとずれるお父様の命日。27日は満開になりそうです。 N.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-24 08:16
カルチャーでお父様をご存知のかたのお話を聞いて、もう少し早くから短歌を始めていたらと後悔しました。桜の季節、穏やかな時間が過ぎていきます。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-24 08:18
展男先生が亡くなられてもう5年になるのですね。雨の中で見た東福間の駅前の桜を思い出します。ご兄妹そろってお彼岸や忌の日のお参りをされるのを、ご両親が喜ばれていることでしょう。A
Commented by minaminouozafk at 2018-03-24 08:24
昨日のカルチャーでは、古い会員の方から父の短歌馬鹿ぶりを改めて聞くことが出来て、嬉しかった~。E.
by minaminouozafk | 2018-03-23 06:11 | Comments(7)