巻貝と〈島〉 有川知津子

ブログが始まったのは夏だった。

だから私の場合、記念すべき最初の写真は〈海〉となった。(島に帰っていたのだ)


f0371014_20265835.jpg


これが初めての水曜日の写真。

(画像は保管庫に残るので、一度取り込めばこうして何度でも使える)


それにしても、画面いっぱいいっぱいの大きさである。

当初は画像の縮小どころではなかったことがよく分かる。


時は流れて、

次の写真は一年後の夏の写真。だいたい同じところで撮っておいた。


f0371014_07291699.jpg


ブログで使うのは、今回がはじめて。ふふ、かなり縮小してある。

今は縮小だけでなく、みんなのお蔭で少しなら手の込んだことができるようになった。

ほら。


f0371014_07290067.jpg



ところで、夏休みには、甥っ子姪っ子が島に来る。


彼らは、毎年、前の年の続きのように、

冷蔵庫を開けたり、魚釣りをしたり、花火をしたりする。

そしてやっぱり毎年、宿題を抱えてくるけれど、それはママを安心させるため。


海の匂いがするともうたまらない。彼らは駈け出している。

駈けてゆく子供たちに、帽子帽子と声をかけるママの声も華やいでいる。


子供たちは、島の光や風や水に抱きすくめられるのを喜ぶ。

大人たちは、そんな彼らに怪我がないようにただただ見守るばかりだ。


あれは一昨年のことだっただろうか、

新学期が始まるか始まらないかという頃、弟からメールが届いた。

「夏休みの宿題できたよ。絵も見てやって」。

画像が添付されていた。


f0371014_07284241.jpg


当時、小学三年生だった姪の作品。

写真の浜の風景がこの絵に再現されるまでに、彼女のなかでどんな働きがあったのか。

見るたびに愛おしくなる。



  巻貝は〈島〉に似てるね姪つこはちひさな島をつまみあげ言ふ


中学生になっても遊びにおいで。



[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-03-14 19:40
本当になにもわからないままのスタートでした。
縮小段階で止まっている私。何事も勉強家のちづりんを見習わなくては。
姪っ子さんの海、印象派ーー。ヤドカリや蟹も本当に楽しそう。きっとずっと訪ねて来ますよ。E.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-14 22:40
〈島〉をつまみ上げる姪っ子さん、気持ちの奥にずっと〈島〉を抱いていくのでしょうね。きれいな色の浜の風景、これが心に残っている風景ですね。いつでも戻ってきたい風景です。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-14 22:48
青に紫、ピンクのふしぎな海の色。とてもきれい。かにも愛らしくて、ちづさんが愛おしく思う気持ち伝わってきました。しあわせな気持ちになる記事をありがとうございます。Cs
Commented by minaminouozafk at 2018-03-14 23:39
素敵な絵ですね。夏休みを満喫した姪御さんの様子が伝わってきます。風や、光に抱きすくめられるなんて素晴らしい。ちづりんの良きおば様ぶりが伺えます。S.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-15 10:17
巻貝の島にすむ桜色のかに、姪御さんの記憶の中通島は夢のようなパステルカラーと青の世界なのでしょう。姪御さんの愛らしさがちづりんの記事から伝わってきます。A
Commented by minaminouozafk at 2018-03-15 10:26
綺麗なキラキラした五島の海、こころの中の元気の源ですね。パステルカラーの浜辺、姪っ子さんの感性たいせつにしてください。今、しまなみ海道の春の海です N.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-16 22:11
みなさまのコメント、姪に話して聴かせましょう。宝ものになります。ありがとうございます。Cz.
by minaminouozafk | 2018-03-14 07:44 | Comments(7)