古地図 百留ななみ


ようやく春爛漫。

紅梅、白梅、寒緋桜、椿もまだまだ美しい。山茱萸やトサミズキの黄色もやさしい。


f0371014_07380605.jpg


花粉に反応するのでマスク、メガネの鬱陶しい姿でのお散歩だが、3月の陽射しにほろほろ心が解き放たれる。いつもの壇具川、功山寺、覚苑寺、横枕小路、忌宮神社、古江小路のコース。


〈長府の歴史〉

・仲哀天皇が忌宮神社のあたりに仮の皇居の豊浦宮を建てた。

・その後長門国の国府、長府となる。

・そして源平合戦では源氏は長府の海辺、御船手で平家をじっと待っていた。

・関ヶ原の戦いで敗れた毛利氏の支藩として江戸時代は城下町としてにぎわった。

・高杉晋作が功山寺で挙兵して、明治維新がはじまった。


f0371014_07391190.jpg


つまり、むかしむかしから人が住んでいたのだ。

川や寺社、道もそのままだと思う。


土塀もたくさん残っている。城下町の遺産として、なんとなく土塀は見せるものと地元の私も思っていた。土塀のなかの古いお屋敷が取り壊されて更地になっている。よく見るとその奥の家、左右の家との境界も土塀。そうか見えないところも土塀、というか塀といえば土塀だったのだ。不思議な感慨。そうだ。この道もずっとむかしからあって、いろいろな人が行き交ったのだろう。


国府の役人たちは笏を両手にゆっくりと、甲冑姿の源氏の兵士たちは音を響かせ足早に、毛利藩の武士たちはささっと小走りに。



f0371014_07384166.jpg



地図をながめるのは大好きだ。古地図も愉しい。川を辿ったり、面白い地名を見つけたり。縮尺を自由自在に変えることのできるグーグルマップはとっても便利。遠い国の知らない地方にも簡単にワープ。


f0371014_07370202.jpg


むかしむかしから人が暮らしていた長府。上の地図は江戸時代のもの。

海岸線が今の国道あたりだが、壇具川は同じ。もちろん功山寺、覚苑寺、忌宮神社は同じ場所。惣社町、中濱町、金屋町などの町名も変わっていない。国分寺跡の石碑の場所に国分寺が。土塀が残る路地はすべて古地図に載っている。

あたりまえだが、しんみりと感慨深い。脇差の小走りの男の足音が近づいてくるようで。たぶん大きな楠も楓もこの道を過ぎる人々をずっと眺めていたのだろう。はじめて車を見た時は・・・


f0371014_07370951.jpg


長府庭園はかつて長府毛利藩家老の西運長氏の屋敷跡。その黒門あたりがわが家。お正月に御来迎を見に行く豊功神社もある。そのそばに御船入があるから、海からの出入りもあったのだろう。


豊浦小学校校歌  作詞 生田蝶介

豊浦の宮を中央にして

山を背 海は目の下に

松はみどりに 砂白く

長府はまこと 美しき

  おもわず口ずさんでしまったメロディも歌詞もしっかり覚えている息子たちの母校の校歌。よく見ると作詞は生田蝶介。長府では有名な歌人。ウィキペディアにも歌人とある。明治22年生まれ。短歌新聞社から全歌集もでているようだ。そういえば覚苑寺に歌碑がある。


〈ふるさとの赤松山のおもひでの松の匂ひをしのぶ秋の日〉



つれづれに春のひかりのなか古地図をながめながらこの町のむかしの人に思いをよせた。



f0371014_07374164.jpg



ポケットの古地図をひろげ曲がり道つばきの道に影なき男




[PR]
Commented by minaminouozafk at 2018-03-12 19:10
前回のブログでちーさまが山口は地震、台風などの自然災害が少ないと書いていましたが、だからこそ土塀も残っているのでしょうね。
歴史を肌で感じられるお住まい、うらやましいです。私も方向音痴なくせに地図を見るの好き。二枚の地図が見比べられないのが残念!E.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-12 21:50
長府の歴史がすーっと入ってきました。そして、もっともっと知りたくなりました。
ななみさんの文章を読むと、各時代が同時に存在しているように思えます。周波数が合ってしまうと見えそうですね、脇差の御仁。たのしい。ありがとうございます。Cz.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-12 22:08
私も地図大好きです。古地図を眺めるのも楽しい。山口も萩も古地図のままの町があります。長府の土塀風情がありますね。きっと多くの人が眺めたことでしょう。しみじみします。Cs
Commented by minaminouozafk at 2018-03-12 22:13
長府は大好きな町です。ずいぶん歴史の層が厚いのですね。ななみさんの文章を読んで、あらためて思いました。時代を見続けていた楓や楠。喋れればすごい話が聞けるでしょうね。 S.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-12 23:01
ずーっと長い間同じ道を、それぞれの時代の人たちがをあるいていた長府。崩れそうで崩れない土塀に触れて感触を知りたいです。以前歩いた時にしっとりした、情緒のある街だとおもいました。A
Commented by minaminouozafk at 2018-03-13 07:58
ななみさんのブログでいつもミニトリップしてます。今日はタイムスリップもしたみたい。行ってみたい所が増えます。Y.
Commented by minaminouozafk at 2018-03-13 08:31
ありがとうございます。今日も春爛漫です。いろいろな時代が層をなしている不思議な路地歩き。ちょっとだけ時空を超えられそうです。 N.
by minaminouozafk | 2018-03-12 07:51 | Comments(7)