五人囃子の思想     有川知津子

五人囃子は、向かって右から謡(うたい)、笛、小鼓、大鼓、太鼓の順に並んでいる。

f0371014_02132916.jpg

   太鼓       大鼓       小鼓      笛       謡

――それは、音の大きさの順です。

社会の時間に先生はそう言ったけれど、なんだかすっきりしなかった。
その説明では、謡と笛、笛と小鼓との並びの関係がうまくないように思えたのだ。
もう35年前のことである。

先日、こんな話をきいた。

――それは、口からの距離です。

(五人囃子の並べ方のことを言ったのだ)

口からの距離! 音の鳴る位置が、口から遠ざかる順に並べるのだという。

見てみよう。音はどこで鳴るのか。

右端の謡は口を開けている。鳴るのは謡い手のからだそのものである。

次は笛。笛は口元にあてがわれ、音は口からすこし離れたところで鳴りはじめる。

中央の小鼓は肩に、その隣の大鼓は膝にのせられている。
音はそれぞれ肩、膝のあたりで鳴りはじめるのだ。

左端の太鼓は地におかれ、撥で打って鳴らされる。

たしかに、口から遠ざかっている。
たしかに、口から遠い楽器ほど、謡から遠い距離に置かれている。

それにしても口からの距離とは――。


口とはいったいなにものだろうか。



  祖母の声のこしておけばよかつたと一度おもひて絶えておもはず     




f0371014_01430209.jpg

           柳川藩主立花邸「御花(おはな)」の雛飾り


f0371014_01552453.jpg


f0371014_01534166.jpg


f0371014_01531784.jpg


f0371014_01462973.jpg

                   三番叟



[PR]
Commented by minaminouozafk at 2017-02-22 20:26
口とは…話すため、味わい食べるための器官だろうか。そこからの距離。あまり考えたことなかったですが、なんとなく納得です。雛人形も美しいだけではなく、その奥にはいろいろな喜び哀しみがありそうです。柳川のさげもん本当に色とりどりで可愛いです。N.
Commented by minaminouozafk at 2017-02-22 20:45
五人囃子の並び順なんて考えたことも無かったのですが、口からの距離で並んでいるなんて、本当に驚きました。それでネットで五人囃子のことを調べてみたら、音の大きさで五人囃子は並んでいるのだという記述もありました。
五人囃子の並び順にさえ色々な説があるということに、改めて雛人形の奧の深さを感じています。
ちづりん、ありがとうございました。 A
Commented by minaminouozafk at 2017-02-22 22:16
柳川のさげもん、見られて嬉しい。そうかあ、口からの距離なんですね。素敵なトリビア、明日早速自慢しようっと。S.
Commented by minaminouozafk at 2017-02-22 22:27
柳川のさげもんは一度は見に行きたいです。私のお雛様、三人官女までしか居なくって。少しづつ増やそうと思ってくれてたようですが。85歳の母から、今年もお雛様を飾ることが出来ましたとラインがきました。今年は孫の初節句です(^^♪Y.
Commented by minaminouozafk at 2017-02-22 22:39
写真の美しさに長く見とれていました。ぼかし効果、プロ並み~。
五人囃を見るちづりんの脳裏には、マキさんの小鼓が響いていたのでしょう。35年前からの小さな疑問を見逃さない、そんな気持ちが今の研究者としてのちづりんを作り上げたんだ。ぼんやり生きてる自分を反省!E.
Commented by minaminouozafk at 2017-02-22 23:28
柳川のさげもん。目が喜びます。さげもん、全部で五十一の縁起物が下がっています。願いがこもっていますね。由利さん、初節句おめでとうございます。英子さん、ぼかしは「効果」ではなくて~Cz.
Commented by minaninouozafk at 2017-02-23 06:03 x
華やかなおひな様とさげもん。一気に春が訪れたようです。わがやのおひな様も今年はよく見てみます。なんとなく飾っていたので…もうそんな季節になったのですねCs
Commented by minaminouozafk at 2017-02-23 22:08
ほんとうに、1月2月はまたたくま。もうこんな季節ですね。Cz.
by minaminouozafk | 2017-02-22 06:49 | Comments(8)