宗像大社短歌大会     大西晶子

11月6日に宗像市の宗像大社清明殿で「第四十五回 宗像大社短歌大会」が開かれます。
もう今年の短歌の募集期間は終りましたが、応募されていない方の、11月6日当日の講演と歌会へのご参加は大歓迎です。
ぜひお気軽にお遊びに来てください。

  宗像大社短歌大会一般の部  
 
   会場   宗像大社清明殿
   日時   11月6日 12:00~ 15:40

   講師・講演演題
        有川知津子氏 「白秋の初期の詩法に学ぶ」
   
   歌会選者  青木昭子、大野英子、桜川冴子、野田光介 の各氏(アイウエオ順)



この時期、宗像大社では毎年「西日本菊花大会」が開かれ、境内にそれは沢山の菊の花が並びます。
一見の価値ありです。

九月の今は宗像大社短歌大会・準備委員会の面々がさまざまな作業を続けています。
写真は小中高生の部に集まった応募作品から一次選考通過の作品の整理と番号付けをしているところです。
f0371014_12030972.jpg
9月13日撮影、宗像大社斎館にて

短歌大会には地味でこまかい作業が欠かせませんが、全員ボランティアのメンバーが頑張っています。
ときにはお八つを食べたり、おしゃべりも出て、みなさん楽しそうです。
ボランティア活動に興味があり、「手伝ってもいいな、」と思われる方がいらっしゃいましたら、どうぞ事務局長の巻桔梗さんにご連絡下さい。(☎ 090-8393-3299) 

  
     えんぴつの色うすく書く中一の少女の歌に初恋が見ゆ 晶子 


 

[PR]
Commented by minaminouozafk at 2016-09-25 21:19
伝統ある宗像短歌大会。みなさまのサポート体制の素晴らしさが伝わる画像です。盛会をお祈りしています。S.
Commented by minaminouozafk at 2016-09-25 23:36
いろいろな手が共働して一つのものを編み上げてゆく。その過程の一コマ。――白秋という詩人は影響を恐れなかった、というより楽しんだのではなかったでしょうか。C.
Commented by minaminouozafk at 2016-09-26 00:21
筑紫歌壇賞贈賞式参加の皆さま、お疲れさまでした。ゆかりさんパワー全開で、楽しかったですね~。
宗像での、知津子さんの白秋論楽しみにしています。E.
Commented by minaminouozafk at 2016-09-26 20:45
宗像は、かの宗像ですから、宗像三女神のご加護が。田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)。C.
by minaminouozafk | 2016-09-25 07:00 | 歌会・大会覚書 | Comments(4)