チリアヤメ 大野英子

実家の庭のもう一つの楽しみが開花いたしました。

f0371014_05442990.jpg

チリアヤメ。昔、母が苗をいただいたものが、こんなに増えています。

生前、雑草の中に咲いたのを見つけては「下さったのは、どなただったかねぇ」の会話を繰り返して判らないまま。

冬の雑草の中に、つんつんと尖った葉をあちこちに伸ばしていたので、いつ花を咲かせるのか、ナガミヒナゲシの後の庭が楽しみでした。

庭に向いた仏壇からも良く見えています。

f0371014_05445057.jpg

ナガミヒナゲシと同じ、朝開いて夕方にはしぼむ一日花ですが、次々と咲き続けます。例年よりも大きく育ちました。

草取りを始める早朝はまだ固い蕾が、終る頃には開花~

先週は固い

f0371014_05453155.jpg
蕾だった芍薬も咲いていた。

花が重く、毎年咲く頃にはへなへなに倒れるので、今年は早めに支柱で囲っていた。何だか嬉しい。

そもそも、誰も待っていない実家に毎週帰る必要などないのだけど、雑草取りの言いようのない快感と、訪う度に変わる庭の景色に会いたくて帰って来ているのかも。(ご両親さま、ごめんなさい。)

f0371014_05454876.jpg

こんな珍客にも出会う。

葉だけの時は三ツ葉のようだったが、マムシグサのミニ盤のように茎をのばしている。

調べるとカラスビャクと言うマムシグサと同じサトイモ科。

漢方では塊茎が半夏の名でおなじみのものだった。

傍らに雑草図鑑は欠かせません。

カラスビシャク、カラスノエンドウ初夏の野にいきおひづいてゆく鴉たち


[PR]
Commented by minaminouozafk at 2017-05-19 22:03
チリアヤメ、こんなにたくさん咲いて。苗を贈られた方が、ブログをお読みかも。庭が英子さんを待っているのがよく分かります。
鴉たち、にぎやかですね。Cz.
Commented by minaminouozafk at 2017-05-19 22:22
チリアヤメが広がって見事ですね。わが家でも20年前に頂いた3粒の球根が増え、庭のあちこちに咲いています。これからはこの花を見たら桂子さんを思い出しそうです。A
Commented by minaminouozafk at 2017-05-19 22:29
チリアヤメ、かわいらしい。季節を忘れずに花を開くというのが嬉しいですね。「烏がいきおひづく」そうですね。烏や雀など鳥の名前が植物について楽しい!雑草図鑑欲しいですCs 
Commented by minaminouozafk at 2017-05-19 23:50
「小さきものは、みなうつくし」の世界ですね。つぎつぎと開く花々を教えていただいて、春から夏への自然のパワーを感じています。Y.
Commented by minaminouozafk at 2017-05-19 23:52
チリアヤメ、カラスビャク知らないものばかり。そして素敵。桂子さまも展男先生もお喜びですよ。S.
Commented by minaminouozafk at 2017-05-20 06:02
まだまだ、ひらきつづけています。
これから、草取り!今日はどんな発見があるかな。E.
Commented by minaminouozafk at 2017-05-20 06:30
20年まえに隣の庭に勝手に咲いていた金鶏菊、ロックローズなど我が庭でも元気いっぱいです。球根は株分けしていただかないと…チリアヤメ前の家のおばあちゃんに以前かわいいでしょうって切り花をいただきました。お元気なとき株分けお願いしてみます。初夏の庭仕事たのしいですね。N.
by minaminouozafk | 2017-05-19 05:51 | Comments(7)